IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5月の米物価、3.9%上昇に加速=約13年ぶり高水準

6/25 22:00 配信

時事通信

 【ワシントン時事】米商務省が25日発表した5月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比3.9%上昇となった。伸びは前月(3.6%)から加速し、2008年8月(4.0%)以来12年9カ月ぶりの高水準。景気回復を受けて需要が膨らみ、物価が跳ね上がった。インフレへの警戒感が強まる可能性がある。
 食品とエネルギーを除いたコア指数の上昇率は3.4%と1992年4月(3.4%)以来、約29年ぶりの大きな伸び。中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が物価安定の目標とする2%を、いずれも大きく上回った。
 新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済活動の活発化で需要が急拡大する中、原材料の供給障害や人手不足が継続。労働省が10日に発表した5月の消費者物価指数(CPI)も前年同月比の伸びが約13年ぶりの高水準に達した。 

時事通信

関連ニュース

最終更新:6/25(金) 22:28

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング