IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドル円は一時111円台に上昇 日銀だけが取り残される=NY為替前半

6/24 1:33 配信

みんかぶFX

 きょうのNY為替市場、ドル円はNY時間に入って上げを一服させているものの、110円台後半と上値追いの動きは続けている。本日は一時111円台まで上昇し、3月の高値を上抜く場面もみられた。

 先週のFOMCでFRBがタカ派よりに舵を切ったことがドル円を押し上げている。ECBは慎重なスタンスを堅持しているものの、出口戦略着手が視野に入っている。英中銀やカナダ中銀も同様。各国でインフレ懸念が強まる中で、日本の消費者物価(CPI)は逆にデフレを警戒する水準にまだある。G7の中で日銀だけが取り残された格好となっており、ファンド勢中心に円安期待が強まっている。一部には115円を目指すとの見方も出ているようだ。

 ユーロドルは日本時間0時のロンドンフィキシングにかけて戻り売りが優勢となっており、1.19ドル台半ばに伸び悩んでいる。ロンドン時間に発表になった6月調査分のユーロ圏PMI速報値が予想を上回ったこともあり、ユーロドルは買い戻しが優勢となっていた。一時1.1970ドル近辺まで買い戻されていたが、心理的節目の1.20ドルには慎重な雰囲気もある中で、NY時間に入ると戻り売りに押されている。

 市場からは、ユーロドルが強い心理的節目である1.20ドルの完全回復には苦労するとの声も聞かれる。ユーロドルが直近の下落から反転したと確信するには、少なくとも1.21ドル台までの上昇が必要だとしている。先週は1.18ドル台半ばまで下落していたが、ユーロの反発は控えめに見えるという。

 世界的に中央銀行の引き締めが市場のテーマに浮上している。しかし、先週のFRBとは異なり、ECBはその点で強力なメッセージを送ろうとしている気配をほとんど見せておらず、FRBとECBとのスタンスの格差が、ユーロドルをしばらく圧迫し続けると見ているようだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:6/24(木) 4:27

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング