IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は小幅反発、手掛かり乏しくもみ合い、SBGやエーザイに買い/相場概況

6/24 15:55 配信

フィスコ

現在値
ソフトBG7,261+34
エーザイ9,141-118
トヨタ9,725+113
任天堂59,820-150
三菱UFJ571+2.60

 日経平均は小幅反発。23日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、71ドル安となった。景気敏感株に売りが出る一方、ハイテク株が買われ、ナスダック総合指数は連日で過去最高値を更新。本日の日経平均はNYダウの下落を受けて63円安からスタートすると、朝方に一時28758.37円(前日比116.52円安)まで下落した。その後主力株に押し目買いが入り、前場には28935.34円(同60.45円高)まで上昇する場面もあったが、新規の手掛かり材料に乏しいとあって積極的な売買は限られ、前日終値を挟みもみ合う展開となった。

 大引けの日経平均は前日比0.34円高の28875.23円となった。東証1部の売買高は8億4248万株、売買代金は1兆9475億円だった。業種別では、鉱業、鉄鋼、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、空運業、陸運業、不動産業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の42%、対して値下がり銘柄は53%となった。

 個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>や2位のエーザイ<4523>が堅調。ソフトバンクGは外資系証券が強気の投資判断を維持し、エーザイは米社と共同開発中のアルツハイマー病治療薬が米当局から画期的な新薬候補に指定されたと発表している。トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>などは小じっかり。カナダ社への資本参加を発表したGSIクレオス<8101>や島津製<7701>による電力調達が伝わったイーレックス<9517>は急伸し、DLE<3686>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。

 一方、キーエンス<6861>が2%超下落し、レーザーテック<6920>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>は小安い。中長期経営計画を発表したヤクルト<2267>は材料出尽くし感から売りがかさんだ。また、このところ賑わっていたタムラ製<6768>が利益確定売りに押され、東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》
(マーケット概況)

フィスコ

最終更新:6/24(木) 15:59

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング