IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・23日 ドル円、3日続伸

6/24 6:04 配信

トレーダーズ・ウェブ

 23日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続伸。終値は110.96円と前営業日NY終値(110.65円)と比べて31銭程度のドル高水準だった。欧州市場では一時111.10円と昨年3月26日以来約1年3カ月ぶりの高値を付けたものの、節目の111円台に乗せた達成感からいったん利益を確定する目的の売りが出ると110.66円付近まで下押しした。22日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けて米早期利上げ観測が後退する中、欧州通貨や資源国通貨に対してドル売りが先行した影響も受けた。
 ただ、低調な米5年債入札を受けて米長期金利が上昇すると再び111円台に乗せるなど、下値の堅さも目立った。

 ユーロドルは3営業日ぶりに反落。終値は1.1926ドルと前営業日NY終値(1.1940ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ安水準だった。前日のパウエルFRB議長の議会証言を受けて、米早期利上げへの警戒感が緩んだことからドル売りが先行し、23時前に一時1.1970ドルと日通し高値を付けた。
 ただ、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングにかけてはドルを買い戻す動きが目立ち、次第に上値を切り下げた。米5年債入札後に米長期金利の指標である米10年債利回りが1.4970%前後まで上昇すると、一時1.1920ドル付近まで押し戻された。

 ユーロ円は3日続伸。終値は132.32円と前営業日NY終値(132.12円)と比べて20銭程度のユーロ高水準だったが、NY市場では大きな方向感は出なかった。20時前に一時132.70円と日通し高値を付けたあとは132円台半ばでのもみ合いに終始した。

 代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは反発した。ビットコイン・ドルは一時3万4800ドル台まで上昇したほか、ビットコイン円は385万円程度まで値を上げた。市場では「中国政府の仮想通貨に対する規制強化を警戒した売りが一服した」との指摘があったほか、「価格はネガティブな要素を織り込み過ぎている」との声が聞かれた。

本日の参考レンジ
ドル円:110.63円 - 111.10円
ユーロドル:1.1912ドル - 1.1970ドル
ユーロ円:132.04円 - 132.70円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/24(木) 6:04

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング