IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米FOX、1億ドルをNFT事業に投入

6/16 11:30 配信

CoinDesk Japan

米映像制作大手のフォックス・エンターテインメントが、NFT(ノンファンジブル・トークン)事業に1億ドル(約110億円)の資金を投下する。


フォックス(Fox Entertainment)は15日、同NFT事業の詳細を発表した。資金は、アニメシリーズをブロックチェーン上でキュレーションされるプロジェクトに充てる。


フォックスは5月にブロックチェーン・クリエイティブ・ラボの設立とNFTスタジオの開設を発表し、フォックスが所有するコンテンツを活用してNFTを制作する計画を明らかにしている。テレビアニメ「リック・アンド・モーティ(Rick and Morty)」の作者、ダン・ハーモン氏の最新アニメシリーズ「クラポポリス(Krapopolis)」の初公開にあわせて、NFTスタジオの初デビューを計画している。


フォックス・広報担当によると、同プロジェクトはイーサリアムブロックチェーン上で展開されるという。


ブロックチェーン・クリエイティブ・ラボは、アニメスタジオのベントーボックス・エンターテインメント(Bento Box Entertainment)と共同で運営する。ベントーボックスのスコット・グリーンバーグCEOが統括していく。


「資金は、既存のブランドやIP(知的所有権)所有者を含むクリエイティブ・コミュニティに充てられる。コンテンツのエコシステムにおけるブロックチェーン技術の導入を加速させ、視聴者がより楽しめる取り組みにしていく」(フォックス・広報担当)


NFTはブロックチェーンを基盤技術に作成されるトークンで、デジタルコンテンツの所有を証明することができる。日本でも、複数のテクノロジー企業が、NFTを取引できるマーケットプレイスの開設を進めている。今年3月には、デジタルアーティストのビープル(Beeple)が手がけた作品が、クリスティのオークションで6900万ドルの値が付けられた。


フォックスは今後数週間で、NFT事業に関する発表を準備していると、15日付の発表文で述べた。


|編集:佐藤茂|トップ画像:Shutterstock|原文:Fox TV Puts $100M Behind Its NFT-Driven Blockchain Experiment

CoinDesk Japan

関連ニュース

最終更新:6/16(水) 11:30

CoinDesk Japan

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング