IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドル円は110円回復 FOMC待ちの雰囲気が強い=NY為替前半

6/15 1:29 配信

みんかぶFX

 きょうのNY為替市場、ドル円はNY時間に入って買いが優勢となっており、110円に乗せている。米国債利回りが上げ幅を広げており、ドル円も追随している模様。今月の高値が110.35円付近になり、目先の上値メドとして意識される。

 全体的には今週のFOMC待ちの雰囲気が強い。16日に結果が発表される。市場は出口戦略着手のスケジュールに関するFRBからのシグナルを待っている。今回はFOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)が公表されるが、3月FOMCではメンバーの投票は中央値で23年末までゼロ金利で据え置きだった。しかし、今回は23年末までに利上げに修正になるとみられている。

 ただ、そのこと自体は織り込み済みで、注目は2022年が何人いるのかという点になっているのかもしれない。また、資産購入ペース縮小など出口戦略について何らかヒントも期待されている。しかし、米労働市場に依然として大きなスラックがある中で、FRBが慎重姿勢を緩和させることはなく、少なくともFRBが8月にワイオミング州のジャクソンホールで毎年開催する年次総会まではFRBは動かないとみられているようだ。

 しかし、一部からはFRBは慎重姿勢を若干緩め、それがドル買いに繋がる可能性を指摘する向きもいる。パウエル議長が会見で資産購入ペース縮小について議論し始めたこと認める。しかし、それには、FRBの目標に向けて経済が更に前進することを条件とするという。ただ、それはドルをサポートする可能性があると指摘している。

 ユーロドルは下げが一服し、1.21ドル台を回復。先週末はドル買いが強まり、ユーロドルは1.20ドル台まで一気に下落した。21日線を下放れる動きが見られ、今週の動きが警戒されるが、いまのところ踏ん張っている状況。しかし、買い戻しの機運まではなく、上値の重さは意識される。

 ECBは先週の理事会で、成長やインフレ見通しは上方修正したものの、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)での債券購入のペースを維持し、慎重姿勢を強調した。ラガルドECB総裁は終了時期の協議は時期尚早だと言明。ただ、ECB理事内では見解が分かれており。25名の理事のうち3名が、慎重姿勢の強調に反対していたとも伝わっている。その後の理事のインタビューなどを参照すると、反対した3名の理事は北欧のバイトマン独連銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁、そして、ホルツマン・オーストリア中銀総裁とも推測されている。

 ホルツマン総裁は新型ウイルスのひどい流行が再び起こらない限り、PEPPは予定通り2022年3月に終了するとの見解を示していた。ラガルド総裁は高インフレは一時的との認識を示していたが、バイトマン総裁とクノット総裁はインフレ率の上昇に言及していた。ホルツマン氏はインフレ率が3%を超えれば当局は行動を考える必要があると述べていた。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:6/15(火) 1:29

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング