IDでもっと便利に新規取得

ログイン

竹本容器、株主優待の廃止と増配を発表し、配当利回りが1.5倍に! 12月末の株主はオリジナル容器入りの特選品がもらえたが廃止され、配当予想を大幅増配に

6/12 21:06 配信

ダイヤモンド・ザイ

 化粧品や食品のプラスチック製包装容器を手掛ける竹本容器株式会社が、株主優待の制度を廃止することを、2021年6月10日の15時に発表した。

 竹本容器の株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、自社が企画・開発したオリジナル容器を包装容器とした特選品を贈呈」というものだった。

 しかし、この株主優待は2020年12月末の株主に実施された分を最後に「廃止」される。

 竹本容器が株主優待を廃止する理由は「当社は、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社のオリジナルボトルを実際にご利用いただくことで、当社へのご理解を深めていただくことを目的として株主優待制度を導入いたしました。しかしながら、株主への皆様への利益還元のあり方の観点から慎重に検討を重ねました結果、配当等による利益還元に集約することとし、株主優待制度を廃止することといたしました」とのことだ。

 なお、竹本容器は同時に、2021年12月期の配当予想を修正(増配)することも発表している。前回予想は、中間・期末ともに9.5円予想(年間配当金は19円予想)で、前期と同額を見込んでいた。しかし、これまで「20%以上」だった配当性向の目標を「30%以上」に修正したことから、配当予想も中間・期末ともに14.5円予想(年間配当金は29円予想)に修正。前回予想より10円の増配となっている。

●廃止される竹本容器の株主優待制度の詳細は? 
  ◆廃止される竹本容器の株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
12月末
100株以上
  自社オリジナル容器を包装容器とした特選品
(2020年はふりかけ・飴が贈呈された)

 竹本容器の株主優待は、自社オリジナル容器入りの特選品で、価格が不明のため、利回りの算出は不可能。過去には食品などがセレクトされていて注目度が高かったため、失望している個人投資家も多いだろう。しかし、竹本容器は株主優待の廃止と同時に配当予想を修正。この修正により、6月11日時点の株価で計算すると、配当利回りが1.87%⇒2.86%にアップしている。株主優待を廃止しても、この増配が株価を後押しする可能性は高そうだ。

 竹本容器は化粧品や食品のプラスチック製包装容器を手掛ける企業。2021年12月期(通期)の連結業績予想は、売上高150億8000万円(前期比1.5%増)、営業利益16億4000万円(前期比7.8%減)、経常利益16億4500万円(前期比8.1%減)、当期純利益11億3000万円(前期比130.3%増)。

 ■竹本容器

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 化学
 4248
 東証1部
 12月末
株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 1012円
 100株
 10万1200円
 2.86%
 【竹本容器の最新株価チャート・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2021年6月11日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/12(土) 21:06

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング