IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイデン大統領夫妻、20年の所得は約6630万円に減少-納税申告書

5/18 14:45 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): バイデン米大統領の2020年の所得は60万7336ドル(約6630万円)と、前年から大きく減少した。大統領選挙への出馬で講演活動を控えたことが影響した。

17日のホワイトハウスの発表に先立ちブルームバーグ・ニュースが入手した20年の納税申告書によれば、バイデン氏とジル夫人は連邦所得税として15万7414ドルを支払った。税率は25.9%。さらに夫妻はデラウェア州に2万8794ドル、ジル夫人が教鞭(きょうべん)を執るバージニア州に433ドルを納税した。

米政府倫理局(OGE)に提出された財務記録によると、バイデン夫妻が保有する現金と投資は総額120万-288万ドル。17日の政府高官の開示期限前に提出された同記録をブルームバーグが確認した。

ハリス副大統領と夫のダグ・エムホフ氏も17日に納税申告書・財務記録を公表。20年の夫妻の調整後総所得は169万5225ドルで、エムホフ氏がパートナーを務めていた法律事務所DLAパイパーで得た報酬が大部分を占めた。夫妻が支払った連邦所得税額は62万1893ドル、適用税率は36.7%だった。

公表に先立ち、ホワイトハウスのサキ報道官は記者団に対し、開示は「全ての米大統領に求められるべきものだ」と語った。トランプ前大統領は内国歳入庁の(IRS)の監査中だとして、公表を拒んでいた。

バイデン夫妻の所得のうち26万ドル余りが退職年金と年金保険によるもので、受給した社会保障給付金は計4万5836ドル。残りの所得の大部分は、ジル夫人のノーザン・バージニア・コミュニティー・カレッジからの給与が占める。夫妻はまた、所得の5%に当たる計3万704ドルを慈善団体に寄付した。

原題:Biden, Harris Incomes Dropped in 2020, Tax Returns Show(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:5/18(火) 14:45

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング