IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロンドン為替見通し=正常化に向かう欧州、ユーロやポンドの底型さ継続か

5/18 13:35 配信

トレーダーズ・ウェブ

 本日のロンドン為替市場では、アジア時間に急速に強まったリスクオンの揺り戻しには気をつけながらも、経済正常化への期待が高まる欧州の通貨は底堅さが継続されるか。

 フランスでは明日19日から飲食店のテラス席営業が約7カ月ぶりに認められる。また閉鎖されていたオルセー美術館も再開され、「ディズニーランド・パリ」も来月半ばからの営業再開が発表された。またイタリアでも17日、新型コロナウイルス感染拡大の抑制を目的とした夜間外出禁止措置の緩和方針が明らかにされた。全面的な解除時期についても来月21日とされた。

 ワクチン普及が欧州連合(EU)よりも進む英国では、17日から飲食店の屋内営業や映画館、劇場などが再開した。また知り合いと抱き合う「ハグ」や、国外旅行も解禁されるなど、いわゆる正常化が着実に進んでいる。

 インド型などのコロナ変異体への警戒感は残るものの、欧州では多くの地域で先行きに明るさが見え、ユーロやポンドなどの買いやすさは続きそうだ。もっともユーロについては、一部ユーロクロス(対ポンドや資源国通貨)の弱さが対ドルでの伸び悩みに繋がっている。そのため、昨日のように、ユーロドルは何度か下押す場面があるかもしれない。

 なお本日は、4月英雇用統計や1-3月期ユーロ圏GDP改定値の発表もあるが、市場予想から大きく振れない限り相場の反応は限られるだろう。

想定レンジ上限
・ユーロドルは2月25日高値1.2243ドルが目標値。ポンドドルは2月24日高値1.4237ドルが上値めど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは1.2088ドルまで上昇してきた日足一目均衡表・転換線が支持水準。ポンドドルは昨日NY序盤の下押し水準1.4081ドルが下値めど。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/18(火) 21:11

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング