IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、底堅い

5/15 0:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは底堅い。24時時点では1.2134ドルと22時時点(1.2129ドル)と比べて0.0005ドル程度のユーロ高水準だった。4月米小売売上高が予想を下回る内容だったことが伝わると、米長期金利の低下とともにドル売りが先行。5月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が82.8と予想の90.4を下回ったこともユーロ買い・ドル売りを促し、23時30分前に一時本日高値となる1.2148ドルまで値を上げた。
 主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時90.28まで低下した。

 ユーロ円は堅調。24時時点では132.78円と22時時点(132.60円)と比べて18銭程度のユーロ高水準。米国株相場の上昇を背景に投資家のリスク志向が改善し、円売り・ユーロ買いが優勢となった。23時30分前に一時132.84円と2018年9月以来の高値を更新した。

 ドル円は下値が堅い。24時時点では109.42円と22時時点(109.32円)と比べて10銭程度のドル高水準だった。低調な米小売指標を受けて一時109.19円と日通し安値を付けたものの、109.00円にかけて断続的に買いが観測されていることもあり、すぐに反発した。クロス円の上昇につれた円売り・ドル買いも出た。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:109.19円 - 109.66円
ユーロドル:1.2071ドル - 1.2148ドル
ユーロ円:132.19円 - 132.84円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/15(土) 0:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング