IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、反発=経済再開に期待(3日)☆差替

5/4 5:54 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週明け3日のニューヨーク株式相場は、経済活動再開への期待などを支えに反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比238.38ドル高の3万4113.23ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は67.56ポイント安の1万3895.12で終わった。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比3億1639万株減の9億2808万株。
 東部ニューヨーク州のクオモ知事は3日、今月半ばから経済活動の再開をさらに進める方針を表明した。飲食店や小売店、娯楽施設などの収容人数規制を撤廃する。「再開を進める大きな一歩になる」と表明した。
 一方、半数以上の米企業が1~3月期の決算発表を終えた。リフィニティブのまとめでは、主要企業の利益は約46%増加。約87%の企業の1株当たりの利益が、市場予想を上回った。
 市場では、経済活動再開の進展への期待や好調な企業業績を支えに、買いが先行して取引開始。景気動向の影響が大きい業種を中心に株価が上昇した。ダウが3.3%高。原油価格が上昇し、シェブロンの2.4%高、エクソンモービルの2.8%高などエネルギー株も買われた。ホーム・デポの2.0%高、ウォルマートの1.6%高、ギャップの7.2%高など小売り株も高い。
 一方、ハイテク株は、利益確定の売りに押され、下落した。マイクロソフトは0.1%安、フェイスブックも0.8%安、インテルも0.5%安だった。
 米ヤフーなどネットメディア事業の売却を発表したベライゾンは、0.2%高。新型コロナウイルスワクチンの途上国への供給契約を結んだモデルナは4.0%高だった。決算発表を控えたファイザーの3.1%高も目立った。
 米サプライ管理協会が午前に発表した4月の米製造業購買担当者景況指数(PMI)は60.7と前月から低下し、市場予想も下回った。ただ、11カ月連続で50を上回り、製造業の景気改善が続いていることを裏付けた。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:5/4(火) 6:28

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング