IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反落(19日午前)

4/19 23:20 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週明け19日午前のニューヨーク株式相場は、高値警戒感から利益確定売りが先行し、反落している。午前10時現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前週末終値比109.06ドル安の3万4091.61ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が28.10ポイント安の1万4024.24。
 ダウ平均は前週末16日、2日連続で史上最高値を更新して終了。ナスダック総合指数も2月中旬に付けた最高値(1万4095.47)に迫っており、高値警戒感が台頭した。ただ、朝方は手掛かり材料に乏しく、比較的落ち着いた値動き。ロイター通信によると、今週はS&P500種株価指数を構成する企業のうち、およそ80社が1~3月期決算を発表する。経済指標の発表が少ない中、これらの企業の業績動向に注目が集まりそうだ。
 個別銘柄を見ると、ゲームソフト販売大手ゲームストップが8%超高と急伸。インターネット交流サイト(SNS)上で同社株を推奨し、投機的取引の急増を招いたとされる個人投資家キース・ジル氏が5万株を追加取得したと報じられた。朝方に増収減益決算を発表したコカ・コーラも小幅上昇。一方、週末のビットコイン相場の急落を受け、暗号資産(仮想通貨)マイナー(採掘者)のライオット・ブロックチェーン、マラ・デジタルは下落している。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:4/19(月) 23:27

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング