IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔東京株式〕もみ合い=新規材料難(19日後場寄り付き)

4/19 12:39 配信

時事通信

 (後場寄り)19日午後の東京株式市場は、新規材料難の中、アジア株高や円相場の落ち着きなどを背景に買いが先行、日経平均株価は前営業日比67円54銭高の2万9750円91銭と、前引け水準のもみ合いで始まった。

 (前引け)【第1部】日経平均株価は前週末比64円73銭高の2万9748円10銭と小幅上昇して午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は1.51ポイント高の1962.38。前週末の米国株高が支えとなった。
 55%の銘柄が値上がりし、値下がりは39%。出来高は4億3029万株、売買代金は9435億円。
 業種別株価指数(33業種)は海運業、金属製品、パルプ・紙などの上昇が目立った。下落は空運業、その他製品、証券・商品先物取引業など。
 【第2部】上昇。出来高1億70万株。
 【新興株】東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均株価ともにしっかり。

 (9時55分)前場中盤の日経平均株価は軟調。大型株の売りが重しになっている。国内で新型コロナウイルスの感染が広がっており、「経済正常化への期待が後退して、株価を抑えている」(大手証券)との声が聞かれた。前週末の米主要株価指数はそろって上昇したが、米株先物は時間外で軟化しており、今夜の米国株下落への警戒感も売りにつながっているとみられる。(了)
 
 (寄り付き)週明け19日午前の東京株式市場は、前週末の米国株が過去最高値を更新したことなどを受けて買いが先行し、日経平均株価は前営業日比4円95銭高の2万9688円32銭と、小幅ながら3営業日続伸して始まった。ただ、その後は売りが広がり、日経平均もマイナス圏に値を沈めている。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:4/19(月) 13:28

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング