IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔NY外為〕円、108円台後半(16日)

4/17 6:26 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米経済指標などにも反応は薄く、1ドル=108円台後半で小動きとなった。午後5時現在は108円74~84銭と、前日同時刻(108円70~80銭)比04銭の円安・ドル高。
 週末を控え、ほぼ終日動意薄。レンジ幅は14銭と狭かった。朝方に米商務省が発表した3月の住宅着工件数は14年9カ月ぶりの高水準となった。前日に発表された3月の小売売上高などと併せ、米景気の回復傾向を一段と裏付ける内容。発表を受けて円売り・ドル買いがやや優勢となったものの、一時的だった。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は16日、米CNBCテレビのインタビューに応じ、「経済は(成長へ)弾みがつく準備が整っている」と述べ、景気回復の足取りが強まるとの見方を示したが、特に材料視されなかった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1978~1988ドル(前日午後5時は1.1961~1971ドル)、対円では同130円31~41銭(同130円05~15銭)と、26銭の円安・ユーロ高。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:4/17(土) 7:27

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング