IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米3年債入札底堅く、10年債やや弱め 金利上昇いずれ再開も

4/13 5:14 配信

ロイター

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日に実施された米国債入札は、580億ドルの3年債入札が底堅くなる一方、380億ドルの10年債入札はやや弱めとなった。

3年債入札の応札倍率は2.32倍、最高落札利回りは0.376%。10年債入札の応札倍率は2.36倍、最高落札利回りは1.680%だった。

ナショナル・アライアンス・セキュリティーズの国際債券部長、アンディー・ブレナー氏は「3年債は良好で、10年債もまずまずだったと振り返った上で、「これだけでは金利に大きな影響を与えるとは考えにくい」と指摘。ただし、利回りの上昇はいずれ再開する見込みで、10年債利回りは第2・四半期末までに2%に達すると予想した。

10年債利回りは第1・四半期に80bp超上昇。4月以降は6.8bp低下し、直近では1.678%で推移。

13日には240億ドルの30年債入札が行われる。

ロイター

関連ニュース

最終更新:4/13(火) 5:14

ロイター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング