IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の一角が相場をけん引/JASDAQ市況

4/9 16:56 配信

フィスコ

現在値
ウエストH3,010-120
セリア4,000-15
ハモニック6,680-250
東映アニメ11,100-680
かわでん2,596-44

JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の一角が相場をけん引

JASDAQ平均:3952.46 (+9.14)
出来高:6705万株
売買代金:602億円
J-Stock Index:4208.67 (+40.13)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20はそろって小反発、J-Stock Indexは小幅続伸した。値上がり銘柄数は326(スタンダード303、グロース23)、値下り銘柄数は270(スタンダード258、グロース12)、変わらずは58(スタンダード56、グロース2)。 本日のJASDAQ市場は、米国市場が上昇したものの、時価総額上位のウエストHD<1407>やセリア<2782>がマイナスでスタートしたことで、JASDAQ平均は続落でスタートした。寄り付き後に、ハーモニック<6324>や東映アニメーション<4816>など時価総額上位の一角が堅調に推移し相場をけん引し、JASDAQ平均はプラスに転じ、本日の高値圏で取引を終了した。 個別では、21年3月期の営業利益を従来予想の11.00億円から14.50億円に上方修正を発表したかわでん<6648>は好業績が好感され2%を超える上昇となった。そのほか、KTK<3035>、ソノコム<7902>、ケア21<2373>が高い。 一方、22年2月通期予想の営業損益を2.10億円の赤字と発表したシーズメン<3083>は先行きの不透明感から8%を超える下落となった。また、年初来高値付近で伸び悩みとなり高値警戒感からテクノホライゾン<6629>が4%を超える下落となった。そのほか、トライアイズ<4840>、旭化学工業<7928>、ヒーハイスト<6433>が安い。 JASDAQ-TOP20は、アイサンテクノロジー<4667>、ウエストHD、ハーモニックが上昇となった。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:4/9(金) 17:18

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング