IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株見通し-今週は堅調か FOMC議事要旨でテーパリング議論に注目

4/5 20:57 配信

トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場は堅調か。先週は総じて良好な経済指標や2兆ドルのインフラ計画が好感され、ダウ平均とS&P500が史上最高値を更新し、ナスダック総合も3週ぶりに反発した。長期金利が上昇したものの、主力ハイテク株も買い直された。グッドフライデーの休場となった2日に発表された3月雇用統計は非農業部門雇用者数が91.6万人増と市場予想の64.7万人増を上回り、前月分も37.9万人増から46.8万人増に上昇修正された。失業率も前月の6.2%から6.0%に改善し、市場予想と一致した。今週はインフラ投資計画やワクチン接種進展による景気回復期待に加え、強い結果となった雇用統計も好感する展開か。一方、長期金利の上昇が続いていることや、ダウ平均とS&P500の最高値更新で高値警戒感も強まりそうだ。金融政策を巡ってはFOMC議事要旨でテーパリングに関する議論にも要注目。このほか、3月ISM非製造業PMI、3月PPIなどの経済指標、ペイチェックス、コナグラ・ブランズなどの決算にも要注目。

 今晩の米経済指標・イベントは2月製造業新規受注、3月ISM非製造業PMIなど。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:4月5日、14:00)

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:4/5(月) 20:57

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング