IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三菱重工、グループのMHIENGがノルウェーで独自の二酸化炭素吸収液を使った実証試験

3/8 7:32 配信

モーニングスター

現在値
三菱重3,360-20
関西電1,115.5+9

 三菱重工業 <7011> は4日、グループの三菱重工エンジニアリング(MHIENG)が、ノルウェーのモングスタッド二酸化炭素回収技術センター(TCM)と、同施設でMHIENG独自の二酸化炭素吸収液を使った実証試験を5月から開始することで合意したと発表した。

 今回の試験は、MHIENGが関西電力 <9503> と新たに共同開発した「Advanced KM CDR Process」に使われるアミン吸収液「KS-21」の長期使用実証を、二酸化炭素回収の環境規制の枠組みにおいて最も先進的な国の1つであるノルウェーで行うもので、21年中の商用化を目指すという。

 5日の終値は、前日比50円高の3266円。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:3/8(月) 7:32

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング