IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米英が対ロシア追加制裁を検討、国債も対象に含める可能性-関係者

3/5 6:21 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国と英国は、化学兵器の使用を巡りロシアに対する追加制裁を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。制裁対象の選択肢には新興財閥のほか、ロシア国債が含まれる可能性もあるという。

関係者1人によると、英当局者は化学兵器禁止機関(OPCW)に対し、使用禁止物質の使用を巡りロシアに回答を求める圧力を継続するよう要請する計画。今後数週間でフランスやドイツを含む欧州の主要同盟国と共に取り得る措置を検討するという。

バイデン米政権は2日、ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の毒殺未遂および収監に抗議し、同政権で初となる対ロシア制裁を発表。ロシア警察・治安当局の高官やプーチン大統領の側近も対象に含めることで、先に欧州連合(EU)と英国が発動した制裁に同調した。

事情に詳しい関係者によれば、米国は1991年成立の化学兵器・生物兵器管理と戦争撲滅法(CBW法)を厳守し、ロシアが一定の条件を満たさない限り、広範な追加制裁に踏み切ることが見込まれる。

慎重な扱いを要する問題であることを理由に、すべての関係者は匿名を条件に語った。米国家安全保障会議(NSC)および英外務省の当局者からのコメントは4日時点で得られていない。

原題:U.S., U.K. Weigh More Russia Sanctions, Possibly Targeting Debt(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:3/5(金) 6:21

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング