IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外為オンラインが新スマホアプリ、金融取がFX清算業務に参入ほか――2/21~2/27のFXニュース

2/28 10:02 配信

CoinDesk Japan

外為オンライン、Android向け新アプリリリース

外為オンラインは2月22日、スマートフォンの新しい取引アプリ(Android OS向け)をリリースした。デモ口座で先行リリースしていたが、本口座でも利用できるようになる。


新アプリでは次の10のテクニカルチャートを表示できる。テクニカル系では、SMA、EMA、一目均衡表、ボリンジャーバンド。オシレータ系では、DMI、MACD、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、RSI、乖離率。


ニュース配信機能も搭載されており、ロイターニュース、Market Win 24、Fx-Waveも閲覧できる。


【関連】外為オンラインの評判は?スプレッドや話題の自動売買システムを紹介

セントラル短資FX、ID再発行などの「電話受付」を終了

セントラル短資FXは2月22日、ID・パスワードの再発行依頼や問い合わせに対する電話対応を終了すると発表した。電話対応は3月7日までで、翌8日からはWebサイトの問い合わせフォームに統一する。


電話対応の終了に伴い「契約締結前交付書面」が変更され、3月1日以降マイページへのログイン時に同意画面が表示される。

東京金融取引所、店頭FX清算事業へ参入

東京金融取引所は2月24日、FX取引の決済に伴う清算事業への参入を発表した。金融庁の認可を受けたため、5月中の事業開始へ向け準備を進める。


FX会社は顧客から注文を受けると、カバー先金融機関へリスク相殺のための注文を出す。このとき、カバー先金融機関が破綻すると円滑に決済できない可能性がある。


今後、東京金融取引所がFX会社とカバー先金融機関との取引を引き受けることで、仮にカバー先金融機関が破綻した場合でも円滑に決済できるようにする。

SBI FXトレード「総合口座情報画面」リリース

SBI FXトレードは2月24日、総合口座情報画面をリリースした。同社が手掛ける次の4つのサービスについて、従来はそれぞれサービスごとにログインする必要があったが、今後は取引ツールの「総合口座情報」から一括管理ができる。なおスマホアプリには対応していない。

SBI FXトレード 4つのサービス

・SBI FXTRADE(店頭FX)・積立FX(外貨の定期買付)・オプションFX(バニラオプション)・暗号資産CFD(暗号資産取引の1種)

マネースクエア、「豪ドル/NZドル」の取引シェアが25.5%に

マネースクエアは2月25日、豪ドル/NZドルにおいて、2021年1月の取引高シェアが25.5%、建玉量シェアが34.2%となったと発表した。金融先物取引業協会発表の「1月店頭FX取引」データより、同社が調査したもの。


マネースクエアは2020年9月26日から「豪ドル/NZドル」を取り扱っている。2月23日時点での注文量は17億通貨を突破した。


「豪ドル/NZドル」は、オセアニア通貨同士を組み合わせた通貨ペアだ。経済状況が似ていることから、相関が見られ狭いレンジでの値動きを繰り返す傾向があるとされる。

ヒロセ通商、「ポンド円」「ポンド豪ドル」取引でキャッシュバック

LION FXを運営するヒロセ通商は2月22日、「英ポンド/円」および「英ポンド/豪ドル」の取引に応じてキャッシュバックを行うキャンペーンを開始した。専用申込フォームからの申し込みも必要だ。


キャンペーン概要
対象通貨ペア:「英ポンド/円」「英ポンド/豪ドル」キャンペーン期間:2021年2月22日午前9:00~3月22日午前8:59


キャッシュバックの金額は次の通り。新規 100万通貨以上……3,300円新規 300万通貨以上……1万円新規 600万通貨以上……2万円新規 900万通貨以上……3万円新規 1,200万通貨以上……4万円新規 1,500万通貨以上……5万円新規 3,000万通貨以上……10万円新規 4,500万通貨以上……15万円新規 6,000万通貨以上……20万円新規 7,500万通貨以上……25万円新規 9,000万通貨以上……30万円

サクソバンク証券、自動売買プログラムを進呈するオンラインセミナー開催【3月2日夜】

サクソバンク証券は2月24日、希望者全員に自動売買プログラム・EAが進呈されるオンラインセミナーの開催を発表した。開催は3月2日20時。


EAとは、あらかじめ売買条件が設定された自動売買プログラムだ。自動取引ツール「MT4」などで利用でき、売買条件に従って自動的な売買が可能だ。


セミナーはEA開発者Kei氏の売買ロジックに関するもの。当セミナーでロジックが公開されたEAが進呈される。なお、当EAの利用には、同社で「MT4 Direct」」口座の開設が必要だ。

みんなのFX、スワップキャンペーンに人民元ペア追加

みんなのFXを運営するトレーダーズ証券は2月25日、「スワップNo.1チャレンジキャンペーン第6弾」を発表した。このキャンペーンは2020年5月より実施されており、前回まで「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」「トルコリラ/円」の3通貨ペアが対象だったが、今回より「中国人民元/円」も含まれる。別途専用フォームより申し込みが必要。


キャンペーン期間中、対象通貨ペアのスワップポイントが他社より低い場合、差額がキャッシュバックされる。キャンペーン概要は以下の通り。


キャンペーン概要
対象通貨ペア:「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」「トルコリラ/円」「中国人民元/円」、各通貨200万通貨まで。両建ては差分をカウント。キャンペーン期間:2021年3月1日オープン~4月30日クローズ


|文:coindesk JAPAN編集部|編集:濱田 優|画像:Shutterstock.com

CoinDesk Japan

関連ニュース

最終更新:2/28(日) 10:02

CoinDesk Japan

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング