IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の反発が目立つ/JASDAQ市況

2/25 16:50 配信

フィスコ

現在値
出前館2,303-60
ユニバE2,727+7
セリア4,155-110
ヨシタケ553+7
ニチリョク225---

JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の反発が目立つ

JASDAQ平均:3834.05 (+14.69)
出来高:3億4712万株
売買代金:723億円
J-Stock Index:4065.93 (+45.86)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小反発、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはそろって反発となった。値上がり銘柄数は385(スタンダード366、グロース19)、値下り銘柄数は231(スタンダード216、グロース15)、変わらずは58(スタンダード56、グロース2)。 本日のJASDAQ市場は、米国市場が大幅上昇し、マザーズ先物が上昇してスタートしたことで、個人投資家のリスクセンチメントが改善し、JASDAQ平均は反発してスタートした。寄り付き後は、時価総額上位の出前館<2484>やユニバーサルエンターテインメント<6425>が堅調に推移し相場を下支えしたことでJASDAQ平均は底堅い値動きで推移し、本日の高値圏で取引を終了した。昨日に下落したJASDAQ-TOP20を中心に上昇が目立ったが、セリア<2782>など一部の巣籠り銘柄が伸び悩んだことから、上値は限定的となった。 個別では、1対2株の株式分割を発表したヨシタケ<6488>は流動性の改善が好感され22%を超える上昇となった。また、1対5株の株式分割を発表したニチリョク<7578>は需給改善が期待され4%を超える上昇となった。そのほか、アジアゲート<1783>、前田製作所<6281>、東和ハイシステム<4172>が高い。 一方、分売価格が2580円に決定したEストアー<4304>は分売価格へのサヤ寄せから2%を超える下落となった。また、電子署名への参入を好感し5日連続でストップ高したベクター<2656>は利食い売りに押され11%を超える下落となった。そのほか、北雄ラッキー<2747>、ありがとうサービス<3177>、メディ一光G<3353>が安い。 JASDAQ-TOP20は、ハーモニック<6324>、メイコー<6787>、ウエストHD<1407>が上昇した。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:2/25(木) 16:55

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング