IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Why Real Estate?なぜ、不動産投資をやりたいのか?

2/24 6:01 配信

ダイヤモンド・オンライン

 どんな時代でも生き残れる不動産投資家になるための極意とは何か? 不動産投資で利益をあげ続けるためには、基本となる知識やノウハウを学ぶ必要があります。ハーバード大学デザイン大学院で最先端の知識を学び、それに自身の体験から得たノウハウをミックスして体系化した『ハーバート式不動産投資術』(上田真路著、ダイヤモンド社)が2月17日に発売されました。本連載では、世界のどこでも通用する、普遍的で再現性のあるナレッジである不動産投資術について、同書の中から抜粋してそのエッセンスをわかりやすくお届けします。良い不動産をデザインするとは、どういうことか? 驚異のリターンを実現するファイナンスの極意とは? 不動産投資のリスクをどうコントロールしたらいいのか? などについて、実際の事例(ケース・スタディ)を踏まえてそのメカニズムを解き明かしていきます。不動産投資を始めたいと思っている人、すでに始めている人、さらに上を目指したい人、必読です。

● Why Harvard?(なぜ、ハーバードなのか?)

 いきなりの質問になるが、あなたは不動産投資家として、あるいはこれから不動産投資を始めるにあたり、何かテーマを持っているだろうか? 

 ハーバードの入学試験をパスするために最も重きを置かれるのがエッセイなのだが、このエッセイで答えなくてはいけない、シンプルだが核心を突く問い、それが「Why Harvard?(なぜ、ハーバードなのか?)」だ。

  この問いに答えるためには、何のしがらみもない子供の頃の夢を思い出してみたり、挫折やターニングポイントとなったライフ・イベントを振り返ってみたりする必要がある。

 自分の人生を振り返りながら、それでもハーバードに自分が行くべき理由を探り当て、さらに卒業後にハーバードでの学びを活かして、その先に何を実現し、世界をどう変えたいのか? という自分自身の人生のテーマを深く掘り下げてゆくのだ。

 ここで皆さんにも少し考えてもらいたいのが、なぜ不動産投資をするのかだ。

 ・経済的な自由を得たいから?
 ・経済的な自由を得て、その先で何を実現したいだろうか?
 ・勤め人を辞めて社会貢献に携わりたいだろうか?
 ・子供と一緒に悠々自適に時間の制約なく過ごしたい?
 ・子供の頃に夢中になった事をもう一度大人になって実現してみたい?
 ・世界中を旅したり、留学をしてみたい?
 ・インテリアが好きだからその才能を発揮して、入居者が喜んでくれる顔をみたい?
 ・シェアハウスを運営して多様な居住者とワイワイガヤガヤ過ごしてみたい?

 様々な答えが浮かぶと思う。僕の場合の答えは、現時点ではこうなっている。

● 不動産投資を通じて建物を変え、ひとを変え、 そして街を変えたい!

 僕が建築設計を始めたきっかけは地元高知の叔父が建築家だったことだ。叔父が我が家を設計してくれた時、打ち合わせに持ってくる建築模型がかっこよくて、その模型を見様見真似で工作して再現したりもしていた。

 何より叔父が設計してくれた家に思春期のころから高校卒業まで住む中で、家族の関係が建築マジックにかけられたかのようにポジティブに変わっていったのが不思議だった。

 今でも家族内でいろんな話題を共有し、お互いの結婚相手や友人を招いてはホームパーティをしている。目に見えるデザインを超えた、一種の人のつながりをデザインしているのだと思った。僕の家族の例のように、建物は住んでいる人の人生を変えることだってある。そんな力が建物にはあることを実体験として知ったのだ。

 しかし、いざ大学生として上京し、街に出てみればどうだろう? 御多分に漏れずにワンルームマンションに住むことになったが、何か違うなと感じる。

 社会人になって設計士として仕事をするが、事業主や不動産オーナーからの注文に応えるだけでは、どうも床面積の最大化とコスト圧縮という条件からは逃れられない。その背景で働いている不動産のメカニズムがいかに強力で支配的なものかということを嫌というほど思い知らされた。

 ならばと思いついたのが、自身が大家となり、自分が理想とするような物件を創ってみようということだった。つまり不動産投資のメカニズムを活用して自分なりの建築や街を創り、住む人の人生に少しでもプラスの影響を与えたいということだ。

上田真路(うえた・まさみち)
建築家・不動産投資家
KUROFUNE Design Holdings Inc. 代表取締役CEO
ハーバード大学デザイン大学院で不動産投資と建築デザインを学び、投資理論とデザインの力を融合させたユニークな不動産投資を行う。
鹿島建設入社4年目に不動産投資を開始。数々の不動産投資セミナーに足を運び、不動産関連書籍を数十冊読破。そんな中で出会ったメガ大家集団をメンターに持ち、指導を仰ぎながら不動産投資をスタートする。最初に行った東京・神楽坂での新築マンション開発では超狭小地に苦労し、辛酸を舐めつつも独自の不動産投資スタイルを確立する。現在5棟の超優良物件を保有。保有物件の中では投資額が4年間のうちに26倍になったものもある。
1982年高知県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科、同大学院卒業後に鹿島建設入社。
大学院卒業時にリゾートホテル開発プロジェクトにより早稲田大学小野梓芸術賞を受賞。
同社では国内外で建築設計や大規模な都市開発業務に従事。鹿島建設社長賞、グッドデザイン賞、SDレビュー賞などを受賞。2016年、ハーバード大学デザイン大学院(GSD)へフルブライト留学。2018年、GSD不動産デザイン学科を卒業、外資系不動産ファンドでの投資業務を経験した後、KUROFUNE Design Holdings Inc.(デザイン事務所兼不動産ファンド会社)を創業し独立。現在はハーバード学生寮生活で得た原体験をもとに、住まいと学びを融合させた国際学生寮「U Share」を開発運営する。また、慶應義塾大学SFC特任講師、早稲田大学特任講師として「不動産デザイン」について教えている。

ダイヤモンド・オンライン

関連ニュース

最終更新:2/24(水) 6:01

ダイヤモンド・オンライン

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング