IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2月第1~3週の米小売売上高、前月比0.8%減少=レッドブック☆差替

2/24 1:33 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】米レッドブック・リサーチが23日発表したレッドブック指標によると、20日までの2月第1~3週の同国小売売上高(既存店舗ベース)は、季節調整済みで前月同期比0.8%減少した。前年同期比では2.6%の増加。
 主なコメントは以下の通り。
 米南部や中部では、暴風雪で大雪や異例の氷点下に見舞われ、店舗の休業を余儀なくされたり、配送が混乱したりした。人々は家で過ごし、多くの地域で停電が発生した。大半の店舗は週末にかけて営業を再開。消費者は必需品を買いだめし、暖房器具や発電機、配管用品などを購入した。
 一方、他の地域では、新型コロナウイルスワクチンの接種開始や感染者の減少に伴い、店舗に足を運ぶ買い物客が増えている。小売業者は健康および安全面に関する制限を引き続き行っている。一部の小売業者は、今週から来週にかけて決算報告を行う予定。第4四半期の決算発表シーズンが終わりを迎える。(了)〈STAT〉

時事通信

関連ニュース

最終更新:2/24(水) 2:30

時事通信

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング