IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大日本住友製薬-後場売り気配 抗がん剤ナパブカシン フェーズ3試験で主要評価項目達成せず

2/9 12:30 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
大日本住友1,727+15

 大日本住友製薬<4506>が後場売り気配。同社は9日11時30分に、抗がん剤として開発中のナパブカシン(一般名、開発コード:BBI608)の結腸直腸がん患者を対象としたフェーズ3試験(CanStem303C試験)において、主要評価項目を達成しなかったという解析結果の速報を得たと発表した。

 安全性プロファイルはこれまでのナパブカシンの臨床試験結果と一貫していたという。この試験結果の詳細は、今後、学会などにて公表する予定。試験の結果や最近の業績動向を踏まえて21.3期連結業績予想を見直し中であり、業績予想を修正した場合は速やかに発表するとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/9(火) 12:30

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング