IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は小反落、値下がり銘柄数が急増/JASDAQ市況

1/28 16:56 配信

フィスコ

現在値
セリア3,410-90
ハモニック8,140-160
出前館2,847-125
東映アニメ11,000-210
クエスト1,346-20

JASDAQ平均は小反落、値下がり銘柄数が急増

JASDAQ平均:3799.08 (-33.53)
出来高:1億1974万株
売買代金:668億円
J-Stock Index:3952.92 (-49.46)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小反落、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは続落となった。値上がり銘柄数は168(スタンダード161、グロース7)、値下り銘柄数は438(スタンダード411、グロース27)、変わらずは48(スタンダード46、グロース2)。 本日のJASDAQ市場は、米国市場が大幅続落したことや、時価総額上位の銘柄が下落してスタートしたことを受けて、JASDAQ平均は反落でスタートした。寄り付き後は、セリア<2782>や、ハーモニック<6324>など一部の時価総額上位の銘柄が堅調に推移したことが相場を押し上げ、JASDAQ平均は下げ幅を縮小する場面があった。しかし、出前館<2484>や東映アニメーション<4816>など時価総額上位の銘柄が徐々に下げ幅を拡大したことが相場の重しとなり、JASDAQ平均は下げ幅を再び広げ、本日の安値手前で取引を終了した。JASDAQ市場全体でも値下がり銘柄数が値上がり銘柄数の倍以上となり、重い値動きとなった。 個別では、21年3月通期予想で営業利益を7.42億円から8.63億円に上方修正や期末配当を35円から38円に増配すると発表したクエスト<2332>は好業績が評価され10%を超える上昇となった。また、フリージア・マクロス<6343>が日邦産業<9913>に1株930円でTOBを発表したことでTOB価格へのサヤ寄せからストップ高となった。そのほか、国際チャート<3956>、プラコー<6347>が高い。 一方、日々公表銘柄に指定されたAKIBA<6840>は需給悪化懸念で11%の下落となった。また、7日続伸の高値警戒感からの売りに押されて東映アニメーションが5%を超える下落となった。そのほか、アマガサ<3070>、Sシャワー<4838>、大日光・エンジニアリング<6635>が安い。 JASDAQ-TOP20は、ウエストHD<1407>、田中化学研究所<4080>、東洋合成<4970>が下落した。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:1/28(木) 17:03

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング