IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドル円は103円台半ばでの推移 ECB理事会受けユーロ買い=NY為替後半

1/22 5:59 配信

みんかぶFX

 NY時間の終盤に入ってドル円は103円台半ばでの推移が続いている。きょうのNY為替市場でドル円は買い戻しの動きが見られ103.65円付近まで上昇する場面が見られた。本日の21日線は103.55円付近に来ており、現在はその水準での振幅が続いている。

 NY時間に入ってからの上げは米国債利回りの上昇がサポートしたようだ。米国債利回りの上げについては、この日のECB理事会を受けて欧州債利回りが上昇の反応を見せており、米国債利回りも連れ高となったものとみられる。

 ただ、きょうのドル円は103.35円付近まで値を落とすなど、次第に上値が重くなっている印象は否めない。今週は104円台に上昇して始まったものの、維持することができずに103円台に値を落としている。21日線の下を再び試す動きも出ており、昨年3月以降続いている下降トレンドに変化の兆しは出ていない。全体的には103円台での膠着感が強まってきており、次のアクション待ちといった印象だ。

 ユーロドルは伸び悩む動きが見られたものの、本日高値圏での推移。目先は21日線が1.22ドルちょうど付近に来ており意識される。この日はECB理事会が開催され、大方の予想通りに政策は据え置かれた。注目は声明やラガルドECB総裁の会見だったが、それを受けてユーロドルは買いの反応を示している。

 声明では「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の全額を使うとは限らない」との文言を繰り返したほか、ラガルドECB総裁は、「見通しのリスクは下に傾斜しているが、顕著ではない。経済活動は12月に提示した基本シナリオにほぼ沿っている」と述べていた。一部からは、感染拡大が一向に収束を見せず、部分的都市封鎖も延長される中、ハト派な言及が出るのではとの見方もあっただけに、今回の総裁会見は若干楽観的な印象が出たのかもしれない。

 ユーロドルは1.20ドルまで調整の可能性も指摘されていたが、1.22ドル台を回復し、その水準を固めることができれば、1.25ドルを目指す展開に戻る可能性も出てきている。

 ポンドドルは上値を伸ばす展開が見られており、一時1.37ドル台半ばまで上昇する場面がみられた。2018年4月以来の高値水準。ECB理事会を受けてユーロに買いが入っており、ポンドも連れ高となっている。

 ただ、これ以上の上値には慎重になるべきとの見方も出ている。英経済が正常化するのには時間がかかる可能性があり、短期的にポンドの上値は制限される可能性があると指摘している。英国の都市封鎖は感染封じ込めのために延長される可能性があり、英国のワクチン接種プログラムがパンデミックを食い止めるにはまだ道のりは遠い可能性があるという。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:1/22(金) 5:59

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング