IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロドル、底堅い

1/22 4:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

 21日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは底堅い。4時時点では1.2155ドルと2時時点(1.2142ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ高水準だった。ニューヨーク午前と昼過ぎに1.2130ドル台の堅さを確認し、堅調なままのナスダック総合や下げ渋るダウ平均を眺めながら再び1.2150ドル台まで強含んだ。
 なお、次期財務長官に指名されているジャネット・イエレン氏の発言「為替操作の問題はバイデン大統領とともに取り組む」や「対中関税については同盟国の意見を聞かずに変更することはない」などが伝わっている。

 ユーロ円も底堅い。4時時点では125.85円と2時時点(125.76円)と比べて9銭程度のユーロ高水準。ユーロドルにつれた動きは変わらず、125.87円付近まで下値を切り上げた。一方で新興国通貨は上値重く、メキシコペソ円は5.23円、南ア・ランド円が6.90円まで本日レンジの下限を広げている。

 ドル円はもみ合いが続く。4時時点では103.54円と2時時点(103.57円)と比べて3銭程度のドル安水準だった。2時過ぎに103.62円まで買われた後は103.50円台で方向感なく取引された。
 なおバイデン新米政権の大規模な追加経済対策案について、民主党のペロシ米下院議長は2月第1週の採決を目指す考えを示したことが伝わった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.33円 - 103.67円
ユーロドル:1.2104ドル - 1.2173ドル
ユーロ円:125.32円 - 125.97円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:1/22(金) 4:07

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング