IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前日に「買われた株!」総ザライ (2) ―本日につながる期待株は?―

1/22 5:30 配信

株探ニュース

■三菱ケミHD <4188>  702円 (+33円、+4.9%)

 三菱ケミカルホールディングス <4188> が大幅続伸。傘下の三菱ケミカルは20日、北里研究所との共同研究で、グループの大阪化成が製造・販売する水性剤「マルカサイドAV」で加工した生地に、新型コロナウイルスの不活化効果があることを確認したと発表。引き続き共同研究を進め、医療機関で使用される防護服や白衣、カーテンなどへの用途展開を図るとしており、これが材料視されたようだ。

■神栄 <3004>  1,871円 (+81円、+4.5%)

 神栄 <3004> が3日ぶりに大幅反発。同社株は今年に入り新型コロナワクチン関連として人気を集め急上昇しているが、21日は午前10時ごろ、製造環境の微小な浮遊異物を捉える測定器であるパーティクルセンシングモニターの新製品を3月に販売開始すると発表しており、これが好感された。新製品「AES-FPM」は、同社が民生家電分野向けで培った空気中の浮遊粒子計測のノウハウを生かし、さまざまな産業分野での浮遊粒子の管理ニーズの高まりに応えるために開発した製品。空気清浄度管理を必要とする製造工程や作業環境での汚染度の見える化に役に立ち、低価格かつ小型で、0.3マイクロメートル以上の粒子制御システムへの組み込みや多点計測を目的に開発したシンプルな操作性が特徴としている。

■ラクーンHD <3031>  1,796円 (+72円、+4.2%)

 ラクーンホールディングス <3031> が3日ぶり大幅反発。21日11時ごろ、連結子会社のラクーンフィナンシャルが浜銀ファイナンス(神奈川県横浜市)と顧客紹介で業務提携したと発表しており、これを好感する買いが入った。提携を通じ、取引先の支払い遅延や倒産による売掛金の未回収を解決するオンライン完結型の売掛保証「URIHO(ウリホ)」を浜銀ファイナンスの顧客に提供するという。URIHOは主に中小企業を対象に売掛債権を保証するフィンテックサービスで、直近では東京信用金庫や足利銀行と業務提携するなど、販売チャネルを広げている。

■キヤノンMJ <8060>  2,382円 (+91円、+4.0%)

 キヤノンマーケティングジャパン <8060> が大幅続伸。20日の取引終了後、集計中の20年12月期の連結業績について、売上高が5370億円から5450億円(前の期比12.3%減)へ、営業利益が240億円から313億円(同3.5%減)へ、純利益が168億円から219億円(同1.6%減)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感された。第4四半期に入り、フルサイズミラーレスの新製品が牽引するカメラや、在宅需要が続くインクジェットプリンターなどが、特に利益面で計画を上回って推移したことが要因としている。

■エニグモ <3665>  1,286円 (+43円、+3.5%)

 エニグモ <3665> が大幅続伸。21日の寄り前に、従来無配を予定していた21年1月期の期末配当予想を10円にすると発表しており、これが好材料視された。年間配当予想は10円となり、前期実績に対しては3円の増配になる予定だ。

■オリンパス <7733>  2,074.5円 (+66円、+3.3%)

 オリンパス <7733> が大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が20日付で同社の投資判断「ニュートラル(中立)」を継続し、目標株価を1720円から2300円に引き上げたことが好材料視された。レポートでは、同社の改革実行力への株式市場からの評価は高く、コンセンサスは中期的な収益性改善や最高益更新を織り込んでいると指摘。株価の更なる上昇には、追加好材料による中期業績期待の上昇が必要と考えている。また、消化器内視鏡の新製品効果や治療機器事業の事業拡大に向けた施策動向、コスト低減の進捗を今後の注目点として挙げている。

■SBG <9984>  8,946円 (+252円、+2.9%)

 ソフトバンクグループ <9984> が反発。20日の米国株市場では主要株3指数がいずれも過去最高値を更新したが、特にハイテク株比率の高いナスダック総合指数の上げが目立つ展開となった。傘下のファンドを通じ米ハイテク企業に積極投資するソフトバンクGにとって追い風が意識される局面にとなった。また、同社が出資する中国電子商取引最大手のアリババ集団については、創業者のジャック・マー氏2ヵ月ぶりに公の場に姿を現したことなどが好感され5.5%高と大幅高に買われており、これもソフトバンクGの株価にポジティブに働いた。

■Jエレベータ <6544>  2,571円 (+62円、+2.5%)

 ジャパンエレベーターサービスホールディングス <6544> が4連騰。年初に2767円の上場来高値をつけた後は利益確定の売りに漸次水準を切り下げる動きにあったが、今週明け18日に75日移動平均線近辺をターニングポイントに大陽線で切り返し、戻り足を鮮明としている。エレベーターの保守・保全やリニューアル事業を展開、高い価格競争力を武器にシェア拡大が進んでいる。また、M&Aを駆使した業容拡大効果も顕著。中小企業などの事業承継に絡みM&A戦略が進めやすくなっており、国内の独立系エレベーター保守会社6社を傘下に収め営業エリアを拡張している。更に直近では今週19日に東京エレベーター(東京都中央区)の株式を取得し子会社化することを発表した。Jエレベータはここ数年来、急速に収益を伸ばしており、21年3月期はコロナ禍にあっても営業31%増益予想と大幅な伸びを継続し、ピーク利益更新見込み。

■IIJ <3774>  2,210円 (+51円、+2.4%)

 インターネットイニシアティブ <3774> が上伸。21日付の日本経済新聞朝刊で「インターネットイニシアティブの2020年4-12月期の連結営業利益(国際会計基準)は前年同期比5割増の90億円程度になったもようだ」と報じられており、これを好感する買いが入った。記事によると、新型コロナウイルス下のテレワーク需要から法人向けのネット接続サービスが好調だったほか、経費が減少したことも寄与したという。2月8日に予定する4-12月期決算発表を前に好業績を先取りする買いが優勢となった。

■藍沢 <8708>  798円 (+18円、+2.3%)

 藍澤證券 <8708> が3日続伸。20日取引終了後に発表した21年3月期第3四半期連結決算速報値は、営業収益121億9100万円(前年同期比16.7%増)、最終利益42億1300万円(同4.9倍)となり、これを好感する買いが向かった。外国株式の取引の増加により、受入手数料が増加したことに加え、固定資産の譲渡による特別利益の計上なども最終利益を大きく押し上げた。なお、正式発表は1月27日を予定している。

■大阪ソーダ <4046>  2,654円 (+51円、+2.0%)

 大阪ソーダ <4046> が反発。20日の取引終了後、同社が開発した高性能カーボンナノチューブ分散液(CNT分散液)を用いた新規粘着素材をサカセ化学工業と共同開発し、「電子部品製造工程用制電シート」として製品化したと発表しており、これを好感する買いが入った。粘着素材にCNT分散液を用いることで、従来の電子部品製造工程用制電シートに施すコーティングやカーボン添加が不要となるという。今回開発した電子部品製造工程用制電シートは、光の上下透過、搭載物の裏面検知を可能とし、多彩な画像認識・検知方法に対応できるため、特に電子・精密部品の検査工程の自動化や受け入れ時間の短縮に貢献するとしている。

■ソラスト <6197>  1,600円 (+29円、+1.9%)

 ソラスト <6197> が反発。20日の取引終了後に発表した12月度の介護サービス利用状況で、訪問介護利用者数が前年同月比89.8%増、デイサービスが同6.5%増となり、増加基調が続いていることが好感された。なお、施設系サービスは入居者数が同37.1%増となったほか、入居率も94.3%と高水準で推移している。

■リクルート <6098>  4,650円 (+84円、+1.8%)

 リクルートホールディングス <6098> が3日続伸。新型コロナウイルスの感染拡大が総合人材ビジネスを手掛ける同社には逆風となっているが、求人検索サービス「Indeed」は有料広告が増勢にあり収益回復局面にある。国内でもワクチン普及期待が高まりつつあり、企業活動の正常化を先取りする形で上値を見込んだ買いを引き寄せている。「同社の21年3月期営業利益は前期比29~46%減益を見込むがその中央値1300億円を大きく上振れる公算が大きい。また、22年3月期は少なくとも2ケタ伸長が見込まれる」(国内証券アナリスト)という。また株式需給面では、信用売り残や日証金貸株の買い戻しが株価に浮揚力を与えている。

※21日の上昇率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:1/22(金) 5:33

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング