IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京外国為替市場概況・17時 ドル円 下げ渋る

1/21 17:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 21日午後の東京外国為替市場でドル円は下げ渋る。17時時点で103.52円と15時時点(103.37円)と比べて15銭程度のドル高水準だった。103.34円を安値に下げ渋り、103円半ばまで持ち直した。黒田日銀総裁は緊急事態宣言で経済に下押し圧力強まっているとし、コロナの影響を注視しながら必要あれば躊躇なく追加緩和措置を講じると述べた。会見内容にサプライズはなく、反応は鈍い。

 ユーロドルは小動き。17時時点では1.2119ドルと15時時点(1.2134ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ安水準だった。1.2138ドルを頭に1.21ドル前半で小動き。本日の欧州中央銀行(ECB)では金融政策の据え置きが見込まれているが、政策の微調整を行う可能性もある。

 ユーロ円は動意薄。17時時点では125.46円と15時時点(125.43円)と比べて3銭程度のユーロ高水準だった。ECBの金融政策イベントを控え、125円半ばで動意が鈍い。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.33円 - 103.67円
ユーロドル:1.2104ドル - 1.2138ドル
ユーロ円:125.32円 - 125.63円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:1/21(木) 17:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング