IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外為サマリー:103円70銭台へ軟化、米大統領就任式を控え様子見も

1/20 15:34 配信

みんなの株式

 20日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=103円74銭前後と前日午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=125円99銭前後と同10銭強のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は、午前9時頃に103円90銭前後で推移していたが、午後にかけ103円70銭台へ軟化した。日経平均株価が反落するなか、ドル円も上値の重い展開となった。民主党バイデン氏の大統領就任式を前にやや様子見姿勢も強まった様子だ。同氏の就任式が混乱なく無事に終了するかが注目されている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.2144ドル前後と同0.0040ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。




出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:1/20(水) 15:34

みんなの株式

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング