IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ASML、10-12月売上は計画上ブレ-受注が急増、EUV露光装置も堅調

1/20 16:32 配信

モーニングスター

現在値
レーザテク12,960-320
東応化6,210-80
東洋合成工11,350-390
ホロン4,735-55
北興化980-24

 オランダのASMLホールディングス<ASML>が20日に発表した2020年10-12月の決算は、売上高が前年同期比5.4%増の42.5億ユーロ(約5350億円)となった。前四半期比では7.5%拡大し、同社の見通しの上限(38億ユーロ)を上回った。受注高も大きく拡大した。

<1-3月見通しも高水準維持>

 同社は、半導体の電子回路のパターンを焼き付ける「露光装置」の世界的メーカー。売上総利益は22.1億ユーロ(前四半期比17.6%増)に増えた。すそ野の広い既存のArF液浸露光の装置の売上が大きく伸びた。21年1-3月の売上高の見通しは39億-41億ユーロとしている。

 市場で注目されている新技術EUV(極端紫外線)用装置の販売台数は、8台と前四半期の14台から減少した。ただ、受注高は全体で42.4億ユーロ(前年同期比76.4%増、前四半期比47.8%増)に急増する中で、EUV向けも10.7億ユーロ、6台(前四半期比79%増、50%増)に伸びている。演算に使う半導体のロジック向けの需要が旺盛だ。

<レーザーテク、ホロンなど関連株に注目>

 ASMLの決算は日本の半導体関連株へのインパクトが出やすい。EUVの堅調な受注を背景に、マスク欠陥検査装置のレーザーテック <6920> 、保護膜のレジストの東京応化工業 <4186> 、東洋合成工業 <4970> 、検査機器のホロン <7748> 、レジスト材料を手掛ける北興化学工業 <4992> などに引き続き注目したい。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:1/20(水) 16:32

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング