IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鳥貴族、売上高が対前年同月比50%台まで後退(2020年12月)

1/20 18:31 配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回は焼鳥チェーン店「鳥貴族」を運営する鳥貴族 <3193> の2020年12月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。

直近の月次実績

2021年1月8日に更新された鳥貴族の2020年12月既存店売上高は、対前年同月比51.9%。内訳は客数49.2%、客単価105.5%であり、客数のマイナスを客単価のプラスでカバーできずにマイナス成長となりました。なお、客数は今期初の40%台となっています。

全店売上高も50.0%で、既存店及び全店ともに対前年同月比50%台のマイナス成長となりました。

今期の既存店売上高の振り返り

では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は7月決算)。

前期の既存店売上高は、プラス成長4カ月・マイナス成長8カ月となりました。新型コロナウイルス問題が本格化した昨年3月以降マイナス成長が続いており、今期は8月から5カ月マイナス成長が継続中です。10月に対前年同月比93.1%まで回復したものの、11月81.3%、12月51.9%で推移しており、12月は大きく後退する結果となりました。

一方で全店売上高は、前期のプラス成長は2カ月に留まりました。3月以降は既存店同様のマイナス成長が続いており、10月に90.2%と90%台を回復したものの、やはり11月78.3%、12月50.0%と後退しています。

過去1年の株価動向

最後に同社の株価動向を見ていきましょう。

同社の株価は、2020年2月の2,698円が高値となりましたが、2月後半からの株式市場全体の急落とともに下落して、4月3日には1,190円の安値に到達。リバウンドにより5月に一時2,000円を回復しましたが、8月3日に1,163円まで下落して再び安値を更新しました。

その後は緩やかな上昇を見せて、10月以降は概ね1,400~1,600円間のレンジであり、2021年に入り1,400円を前後する取引が続いています。

既存店及び全店売上高ともに、新型コロナウイルス問題の影響を受けて3月からマイナス成長が続いており、今期は1カ月もプラス成長がない状態です。12月には既存店・全店売上高ともに対前年同月比50%台まで数字が落ち込む中、今期どのタイミングでプラス成長を回復できるのか注目されます。

 参考資料

 ・月次報告(2020年12月度)(株式会社鳥貴族)

LIMO

関連ニュース

最終更新:1/20(水) 18:31

LIMO

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング