IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後場コメント No.1 極東証券、水戸証、Sansan、日本通信、メルカリ、太陽誘電

1/19 15:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
極東証807---
水戸証295---
サンサン9,450---
日本通信284---
メルカリ5,440---

★12:32  極東証券-後場上げ幅拡大 3Q累計業績速報値を発表 営業利益は3.5倍
 極東証券<8706>が後場上げ幅拡大。同社は19日11時30分、21.3期3Q累計(4-12月)の連結業績速報値を発表した。営業利益は29.6億円(前年同期比3.5倍)だった。トレーディング損益が大幅に増加したことが寄与した。

★12:33  水戸証券-後場急騰 3Q累計決算速報値を発表 営業黒字に転換
 水戸証券<8622>が後場急騰。同社は19日11時30分、21.3期3Q累計(4-12月)の決算速報値を発表した。

 同期の営業損益は20.2億円の黒字(前年同期は1.6億円の赤字)だった。委託手数料が同85.7増%、募集・売り出しの取扱手数料が同46.6%増と改善した。

★12:33  Sansan-野村が目標株価引き上げ ビジネスインフラ目指し、市場創出へ挑戦続く
 Sansan<4443>が堅調。野村証券では、ビジネスインフラ目指し、市場創出へ挑戦続くとコメント。投資評価は「Buy」を継続、目標株価は8400円から10800円に引き上げた。

 21.5期Q2決算後の決算説明会や取材を踏まえ、予想を修正。新規事業であるBill Oneが従来想定より早期に立ち上がりつつある点や、中期的な販管費の水準を見直した。野村では、営業人員拡充等の施策の効果の発現や、21.5期のCOVID-19によるマイナス影響の反動、新規事業の貢献により、22.5期の売上高成長率を前期比27.7%増と業界平均を若干上回る水準と予想している。一方、22.5期予想EV/Salesは12.7倍と、SaaS業界平均から3割弱ディスカウントされており、セクター内でも相対的に割安と考えている。

★12:37  日本通信-後場プラス転換 スマホに電子証明書を搭載する「my 電子証明書」を認定申請
 日本通信<9424>が後場プラス転換。同社は19日12時、スマホに電子証明書を搭載する「my 電子証明書」について、子会社my FinTechが総務省、経済産業省、法務省に電子署名法の特定認証業務の認定申請を行ったと発表した。

 「my 電子証明書」は、同社の特許技術である「FPoS(Fintech Platform over SIM、エフポス)」を使うことで、スマホ内に安全に電子証明書を発行し、スマホで安全な金融取引などを提供するとしている。

★12:40  メルカリ-大幅安 米国事業に思わぬ逆風との報道を嫌気
 メルカリ<4385>が大幅安。19日付に日本液剤新聞朝刊は、同社が成長の三本柱に掲げる米国事業で、思わぬ逆風に見舞われていると報じた。

 記事によれば、現地ライバル企業が配送サービスを強化。年末商戦で流通量が拡大しやすい2020年10~12月期にアプリ経由のアクセス数が7~9月期に比べて17%減少したとしている。

★12:40  太陽誘電-SMBC日興が投資判断引き上げ 値下がり消失で利益拡大が再び加速
 太陽誘電<6976>が大幅反発。SMBC日興証券では、値下がり消失で利益拡大が再び加速と指摘。投資判断は「2(中立)」→「1(アウトパフォーム)」に引き上げ、目標株価は3300円から7300円に引き上げた。

 巣ごもり消費の増加、自動車生産台数の回復と電装化、5Gの拡大に伴うMLCCの需要増に対し、供給不足が見えつつあり、価格下落の可能性が大幅に低下したとみている。利益拡大ペースが再び加速局面に入ったと判断。今回のサイクルでは値上げを想定していないものの、テックインフレがMLCCにまで波及すれば、さらなるアップサイドもありうるとコメントしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:1/19(火) 15:07

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング