IDでもっと便利に新規取得

ログイン

15日の米国市場ダイジェスト:米国株式相場は続落、小売売上高や銀行決算に失望

1/18 7:31 配信

フィスコ

■NY株式:米国株式相場は続落、小売売上高や銀行決算に失望

ダウ平均は177.26ドル安の30814.26ドル、ナスダックは114.13ポイント安の12998.50ポイントで取引を終了した。

銀行決算や3カ月連続で減少した12月の小売売上高に失望した売りに寄り付き後、大きく下落した。バイデン大統領が提示した1.9兆ドル規模の追加経済対策を巡り議会での承認が困難になるとの懸念に加え、新型コロナウイルスによる死者数の増加で期近の回復見通しが悪化したことも売り材料となり終日軟調に推移した。セクター別ではエネルギーや銀行が下げた一方で、不動産が上昇。

銀行のシティグループ(C)は第4四半期決算で予想を下回る7%減益を発表、債券トレーディング収入も予想に満たず下落した。ウェルズファーゴ(WFC)も予想を下回る決算に失望した売りが加速。石油会社のエクソン・モービル(XOM)は証券取引委員会(SEC)がパーミアン盆地の資産価値を巡り調査を開始したとの報道が嫌気され下落した。音楽配信のスポティファイ(SPOT)はシティによる投資判断引き下げを受け下落。百貨店のメーシーズ(M)や衣料小売りのギャップ(GPS)は低調な小売り売上高を受けて軒並み下落した。一方で、ビデオ会議サービスのズームビデオ(ZM)はアナリストによる投資判断引き上げが好感され上昇。

ボストン連銀のローゼングレン総裁は、バイデン次期政権の追加経済対策規模は大きいが適切だとの考えを示した。

(Horiko Capital Management LLC)


■NY為替:独仏の規制強化を嫌気してユーロ売り強まる

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円64銭まで下落後、103円91銭まで上昇し、103円89銭で引けた。米12月小売売上高が3カ月連続のマイナスに落ち込み、12月生産者物価指数(PPI)も予想を下回ったため、一時ドル売りが強まった。押し目からは、バイデン次期大統領が提示した1.9兆ドル規模の追加経済対策への期待を受けたドル買いが強まった。

ユーロ・ドルは1.2133ドルから1.2075ドルまで下落し、1.2076ドルで引けた。ドイツやフランスの新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制の厳格化懸念に加え、イタリアやオランダの政局不安がユーロ売りに拍車をかけた。ユーロ・円は125円79銭から125円41銭まで下落。ポンド・ドルは1.3635ドルから1.3572ドルまで下落した。ドル・スイスは0.8871フランから0.8915フランまで上昇した。


■NY原油:反落、ウイルス変異種の感染拡大を嫌気

15日のNY原油先物2月限は反落(NYMEX原油2月限終値:52.36 ↓1.21)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比-1.21ドルの1バレル=52.36ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは51.83ドル-53.83ドル。欧米における新型コロナウイルス変異種の感染拡大を嫌気した売りが活発となった。ユーロ安米ドル高が進行したことも嫌気されたようだ。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 33.01ドル -0.98ドル(-2.88%)
モルガン・スタンレー(MS) 75.24ドル -1.23ドル(-1.61%)
ゴールドマン・サックス(GS)301.01ドル -6.86ドル(-2.23%)
インテル(INTC) 57.58ドル -1.67ドル(-2.82%)
アップル(AAPL) 127.14ドル -1.77ドル(-1.37%)
アルファベット(GOOG) 1736.19ドル -3.99ドル(-0.23%)
フェイスブック(FB) 251.36ドル +5.72ドル(+2.33%)
キャタピラー(CAT) 194.62ドル -2.78ドル(-1.41%)
アルコア(AA) 23.28ドル -1.81ドル(-7.21%)
ウォルマート(WMT) 144.64ドル -2.33ドル(-1.59%)
《ST》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:1/18(月) 7:48

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング