IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新興市場見通し:マザーズにも循環物色の兆し、直近IPO銘柄の急反発も

1/16 14:38 配信

フィスコ

現在値
フリー10,330-370
ラクス1,838+6
マネフォワ4,560-10
AIins39,850-900
Eチェンジ4,770-170

今週の新興市場では、日経平均が一時29000円近くまで上昇する一方、マザーズ指数は下落した。引き続き主力大型株に物色の矛先が向いたことから、マザーズでは好決算銘柄などを除くと積極的な買いが入りづらく、売買代金もやや低調な日が多かった。1月14日には主力大型株への投資資金シフトと日経平均が値を消した場面でのリスク回避目的の売りが重なり、やや下げが大きくなった。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1.4%であったのに対して、マザーズ指数は-1.5%、日経ジャスダック平均は-0.1%だった。マザーズ指数の日足チャートを見ると、75日移動平均線を割り込んだものの、なお1200pt台前半でのもみ合いが続いている。

個別では、マザーズ時価総額上位のフリー<4478>が週間で10.0%安、ラクス<3923>が同10.2%安などとなった。堅調な決算ながらサプライズなしと受け止められたマネーフォワード<3994>は同9.1%安。売買代金上位ではAI inside<4488>や直近IPO銘柄のENECHANGE<4169>、ウェルスナビ<7342>などが売りに押された。また、第1四半期の業績進捗が低調と受け止められたアララ<4015>などが週間のマザーズ下落率上位に顔を出した。一方、米同業のIPO価格が刺激材料となったメルカリ<4385>は同5.8%高、メディアプラットフォーム運営会社のnoteとの資本業務提携を発表したBASE<4477>は同4.3%高。決算や東証1部への市場変更が好感されたSansan<4443>は同22.0%高となった。また、ウォンテッドリー<3991>が上昇率トップだった。ジャスダック主力では、東映アニメーション<4816>が同1.4%高と引き続き堅調。売買代金上位ではフェローテックHD<6890>などが買い優勢で、旭化学工業<7928>が週間のジャスダック上昇率トップとなった。一方、セリア<2782>が同7.5%安、出前館<2484>が同8.3%安と軟調で、ケイブ<3760>などが下落率上位に顔を出した。

来週の新興市場では、循環物色の流れからマザーズ指数の反発に期待したい。今週はマザーズ指数の値動きの弱さが目立ち、需給悪が意識されそうなマザーズ銘柄もなお少なからずある。しかし、今週末にかけては直近IPO銘柄の一角が急反発するなどし、マザーズ指数は逆行高となった。米長期金利とバリュー(割安)株の上昇には目先一服感が出てきて、日経平均も29000円を前に売りに押される場面が増えてきた。また、来週は決算発表の端境期となることから、幕間つなぎ的な物色が新興株に向きやすいと考えられる。

9-11月期業績が良好だった銘柄では投資判断や目標株価を見直す動きが出てくるかもしれない。Sansanなどは従来、他のマザーズ主力銘柄と比べ出遅れ感があったため、再評価の余地が大きそうだ。また、昨年12月上場組では新興家電メーカーのバルミューダ<6612>が一部メディアの特集記事などをきっかけに一段と期待を高めている。最近の電力卸価格の急騰が一部消費者に大きく影響する懸念が出てきており、電力・ガス切り替えサイト運営のENECHANGEにも注目したい。

IPO関連では、2021年最初の案件であるQDレーザ<6613>が1月21日からブックビルディング期間に入る。また、今週はアクシージア<4936>(2月18日、マザーズ)、WACUL<4173>(2月19日、マザーズ)の新規上場が発表されている。


《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:1/16(土) 14:50

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング