IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1万円で肉が8キロ…12月の「駆け込みふるさと納税」おすすめ品「全実名」を公開!

12/6 7:01 配信

マネー現代

「ニコニコエール品」が毎日追加

(文 丸山 晴美) いよいよ今年も残すところ3週間、ふるさと納税の手続き期限が近づいてきました。納税の申込は12月31日の23時59分まで、「ワンストップ特例制度」の申請書は2021年1月10日必着ですが、自治体によっては年内最終申し込み日やワンストップ特例制度を使う場合の最終申し込み日が異なることがあります。

 年の瀬は何かと忙しく、せっかくの活用チャンスをみすみす逃したり、ワンストップ特例の書類送付を忘れて確定申告せざるをえなくなったりする方が多発します。今の時期から、最後の「駆け込み」に向けて準備をしましょう。

 2019年の6月にはふるさと納税の大きな制度改正がされ、全ての返礼品は地場産品、還元率を3割以内とし、商品券などの金券類や電化製品、アクセサリーといった換金性が高いものについては返礼品としないこととなり、返礼品の量や寄附金額が大きく変わることになりました。

 米の場合、制度改正前は1万円の寄附で20キロもらえる自治体もありましたが、現在では、1万円の寄附でもらえる量は12キロくらいあれば多い方でしょう。20キロの米をもらう場合は2万4000円~3万円が相場と、目減りしてしまいました。

 それでも、まだまだ見逃せないお得な返礼品は多いです。その代表格が、新型コロナウイルスの影響で困っている生産者を支援するために作られた、期間限定の返礼品「ニコニコエール品」です。ふるさと納税ポータルサイトの先駆け的存在「ふるさとチョイス」をはじめ、さまざまサイトで特設ページが組まれています。

 このニコニコエール品は夏の時期からすでにありましたが、年末に向けて毎日返礼品が追加される予定です。どのような品物が出てくるのか、こまめにチェックしましょう。

 それでは、ニコニコエール品を中心に、おすすめの返礼品を紹介していきます。定番のお肉や魚介から、お歳暮に使えるようなものや「おせち」まで、今までまったくふるさと納税をしたことがなかった方も、「最後の1品」をどれにするか迷っている方も、是非参考にしていただければと思います。

高コスパの定番「肉」「魚介」

 まずは、定番のお肉から。ブランド牛の切り落としは、「高コスパ返礼品」の定番です。

 たとえば、鹿児島県肝付町の「黒毛和牛小間切り落とし」。寄附金額1万円で約1.5キロ入っています。また、鹿児島県霧島市の「南国黒牛切り落とし」が、寄付金額2万円で4キロ手に入るのです(どちらもニコニコエール品)。

 続いて、ちょっと贅沢なグルメを楽しめるステーキ肉もいかがでしょうか。先ほどの鹿児島県肝付町の「鹿児島県産黒毛和牛サーロインステーキ」は、寄付金額1万円で200g×2枚のステーキ肉が届きます(ニコニコエール品)。

 牛肉よりもリーズナブルな豚肉では、さらにボリュームアップします。同じ寄付額1万円では、北海道岩内町の「北海道産とんかつ用ロース1.2キログラム(120g×10枚)」。切り落としになると、島根県江津市の「まる姫ポーク 切り落とし 3kg」と、さらにお得になります。

 同じ寄付額1万円なら、クリスマスシーズンに向けて、鶏肉の味付け手羽元はいかがでしょうか。宮崎県木城町の「訳あり!  九州産若鶏手羽元 揚げるだけスパイシーチキン」は、なんと8キロのボリュームで、冷凍庫に入りきらないほど。食べ盛りのお子さんがいらっしゃる家庭にはぴったりですね。

 次に人気の返礼品といえば、やはり魚介でしょう。同じく寄付額1万円で手に入る品物を見ていきます。

 まずは、鹿児島県いちき串木野市「天然メバチまぐろ中トロ・赤身」は、600gも入っているので食べ応えも抜群。基本冷凍で魚介が保存できるのは便利ですね。

 一方、こちらは冷蔵のカニ。鳥取県琴浦町「ボイルの紅ズワイガニ」ですが、3枚も届くのは非常に嬉しいですね。北海道寿都町の「北海道産のいくら醤油漬け420g」もかなりのボリューム。3万円でこの3点に申し込み、夢の海鮮丼を作るのも面白そうです。

各サイトのキャンペーンにも注目しよう

 その他のジャンルの返礼品も見ていきましょう。熊本県玉東町では、「熊本県産ひのひかり10キロ」が1万円でもらえます。さらに雑穀米200グラムが付いていて、かなりおトクなセットといえるでしょう。

 今が旬のりんごも、福島県田村市「ふぞろいのりんご達」は、1万円で10キロと食べ応えも抜群です。また、クリスマスには間に合いませんが、イチゴもおすすめです。福岡県新宮町「いちごの王様 あまおう」なら、航空便で約1.2キロのあまおうが配送されます。

 手に入りにくいお酒を返礼品にするのもふるさと納税ならではの楽しみですね。たとえば、新潟県佐渡市「特別本醸造『一味の真』と『純米至』セット」はいかがでしょうか。国産ワインのお気に入りを返礼品で見つけるのもよさそう。長野県塩尻市「井筒ワイン」も返礼品に入っています。

 お歳暮対応として、申込期限が迫っている返礼品もあります。香川県まんのう町「岡坂商店 本場讃岐うどん『二番』<純生・半生うどん・しょうゆ豆>ギフトセット」は、もちもちの讃岐うどんがたっぷり入ったお歳暮対応のセットです。また、こちらの「一本釣りカツオ1.2キロ」は、12月17日までの入金分が最終です。

 返礼品に加え、各サイトのキャンペーンを利用すると、さらに「お得感」が増します。「ふるさとチョイス」では、12月31日まで「生産者応援福袋キャンペーン2020」を開催しています。12月中の寄附金額1万円につき1口の応募ができ、47都道府県の福袋が1万人に当たるというもので、マグロや牛タンなど、魅力的な品物が並んでいます。

 「楽天経済圏」内にいるのであれば、「楽天ふるさと納税」がおすすめです。楽天IDで住所などの入力が簡単になり、楽天市場で買い物をするようにふるさと納税ができ、そのうえ、楽天スーパーポイントが使えて貯まるからです。

 また、現在キャンペーンを実施しているポータルサイトもあります。「au PAY ふるさと納税」では、2021年1月1日9時59分まで寄附額の1%のPontaポイント還元(au PAY マーケット限定)でもらうことができます。

 また、「ふるなび」では、2021年1月31日までにエントリー&寄附で、Amazonギフト券が最大8%付与されます。余裕があれば、キャンペーンを複数使い分けてもいいかも知れません。

「ポイント制」なら高額返礼品もゲットできる

 各自治体がそれぞれの特産品を持ち出しているふるさと納税。品物数がありすぎて、どれを選べばいいかわからない人も多いでしょう。「ニコニコエール品」や「訳あり品」のようなお得な返礼品から選ぶのもいいでしょう。もしくは人気ランキングから絞り込むのも手です。ランキングの上位はそれなりの理由があるからです。

 年末は慌ただしくなり、気が付くとつい年内の寄附期限を迎えてしまいがちです。そんなときは、「定期便」や「ポイント制」がおすすめです。

 「定期便」とは、まとめて寄附をしておくと、月に1回など指定の日に米や野菜の詰め合わせ、旬の果物、精肉、魚介類などが定期的に届くというものです。1回の寄附額は比較的高いですが、利用可能枠の消化にはもってこいです。実用性のある食材などが定期的に送られてくる楽しみもありますので、「定期便」を選択肢に入れてみるのもいいですね。

 たとえば、岩手県北上市の「6ヵ月定期便野菜セット」。山形県寒河江町の定期便では
お米が10キロ6か月の計60キロが6万円の寄附金で届きます。買いに行く手間も省けますね。

 「ポイント制」とは、寄附金額に応じて自治体ごとで使用できるポイントが付与され、期限内であればいつでも返礼品と交換できるシステムです。「ポイント制」を採用している自治体やふるさと納税ポータルサイトもあります。

 例えば平戸市は「ふるさと納税特設サイト」があり、サイト限定特典もある充実ぶりです。とにかく寄附だけはして、返礼品は後でゆっくりと決めたいという人にはおすすめの制度です。

 またこの「ポイント制」は、同じ自治体であれば後から追加で寄附をしたポイントを増やして増えたポイントで高額な返礼品を選ぶこともできます。寝具や家具など、「こんな高い寄付額のもの手に入らない」と思っていた返礼品も、これをうまく組み合わせれば手が届くかもしれません。

 寄附金控除のおおよその金額は、総務省のサイトや各ポータルサイトで確認できます。今年をねぎらうため、来年の景気付けにも、ぜひふるさと納税でお得に豪華な返礼品を受け取ってみるのはいかがでしょうか。

 編注:返礼品名は編集部が便宜上つけているもので、正式名称ではないものもございます。

マネー現代

関連ニュース

最終更新:12/6(日) 18:46

マネー現代

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング