IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【米国株動向】今注目するべきクラウドインフラ関連銘柄3選

12/6 10:00 配信

The Motley Fool

モトリーフール米国本社、2020年11月12日投稿記事より

新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、クラウドサービスやクラウド事業はまさに必要不可欠な技術になっています。

多くの組織にとってクラウドへの移行は死活問題だからです。

クラウド関連事業のなかでも特にインフラ関連銘柄は、景気後退による影響が落ち着いた後に急激な成長を遂げると期待されています。

以下、クラウドインフラ分野の注目すべき銘柄を3つご紹介します。
アリスタ・ネットワークス
ネットワーク機器大手のアリスタ・ネットワークス(NYSE:ANET)は10年にわたり急成長を遂げた後、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブックなどの大手顧客のデータセンターの建設ペースが鈍化し始めたのに伴い、売上高の伸びは反転しています。

しかし、新たな成長サイクルの開始に伴い、同社は10-12月期売上高が前年同期比で13%増程度まで回復するとの見通しを立てています。

背景には大手パブリッククラウド企業の支出抑制が緩和されるとみられることや、ネットワークの更新の必要に迫られた多数の小規模企業がプライベート・クラウド・プロジェクトを立ち上げ始めていることがあります。

同社は400Gネットワーク・スイッチを出荷し始めたところですが、今後顧客の間では本格的な採用が進むとみられます。

さらに今年、同社はデータセンター管理ツールを拡充するため、複数のソフトウェア企業を買収しました。

投下資本利益率は平均で20%を上回り、12カ月実績株価フリーキャッシュフロー倍率は24.5倍と割安な水準にあります。

【米国株動向】アリスタ・ネットワークスの購入を検討すべきか
ファストリー
エッジコンピューティング大手のファストリー(NYSE:FSLY)の株価は今年好調なスタートを切り、6月末までに3倍を上回る水準に達しました。

その後、トランプ政権が米中対立を背景に同社の最大の顧客であるTikTokの米国事業の閉鎖をちらつかせたため、ファストリー株の快進撃は止まりました。

しかし、ファストリーの7-9月期売上高はTikTok関連を除いても前年同期比で42%増加しました。

10月には同業シグナル・サイエンシズの買収を通じてサイバーセキュリティ事業を取り込みました。

また、エッジコンピューティング・ツールについては、β(ベータ)テストの段階を終えて正式サービスを開始しています。

投資家はTikTokをめぐる問題を踏まえファストリー株の購入を躊躇していますが、たとえ最悪のシナリオなったとしてもこの問題はファストリーにはさほど打撃を与えないでしょう。

「鉄は熱いうちに打て」、つまり同社の株価が再度値上がりする前に手を打ったほうがよい、というのが、筆者の見解です。

【米国株動向】ファストリー株は大幅に過大評価されている
アルファベット
新型コロナの感染拡大が全米で加速する中、投資家はステイホーム関連の勝ち組銘柄に投資するべきか、それともファイザーのワクチン開発をめぐる好材料を踏まえ「景気回復」を見込んだ銘柄に投資するべきか、迷っているかもしれません。

そんな中でアルファベット(NASDAQ:GOOGL)(NASDAQ:GOOG)は両方を併せ持つ銘柄と言えます。

株価は年初来で約31%上昇していますが(執筆時点)、それでも値上がり率はFAANG株の中では最低の部類に入っています。

アルファベットのクラウドインフラ事業の7-9月期売上高は前四半期の42.3%増から44.8%増に加速しました。

同社はアナリスト説明会でクラウド事業を10-12月期から別部門として切り離すと発表しました。

広告事業については、7-9月期のYouTube広告事業が前年同期から32.4%の増収、「Googleその他」事業(YouTubeプレミアム会員の会費収入を含む)が同35.3%の増収となりました。

注目が集まる中核のグーグル検索事業は、旅行やローカルサービスの広告収入の落ち込みによる影響を大きく受けました。

中核のグーグル検索事業とネットワーク・パートナー広告事業の7-9月期売上高は前年同期比で増加しましたが、それでも増収率は過去平均を下回っています。

とは言え、経済活動が完全に再開されれば両事業は改善する見込みです。

このため、ステイホーム関連の事業と景気回復関連の事業を併せ持つアルファベットは、11月に注目すべきクラウド関連銘柄と言えそうです。

【米国株決算】アルファベットの2020年第3四半期決算と今後の株価の推移

The Motley Fool

関連ニュース

最終更新:12/6(日) 10:00

The Motley Fool

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング