IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は小反発、直近IPO銘柄の下げ目立つ/JASDAQ市況

12/4 17:24 配信

フィスコ

現在値
出前館2,946+96
ハモニック8,560+140
セリア3,655+95
ユニバE2,564+25
ピープル1,164+2

JASDAQ平均は小反発、直近IPO銘柄の下げ目立つ

JASDAQ平均:3680.29 (+5.17)
出来高:1億2503万株
売買代金:645億円
J-Stock Index:3846.06 (-3.56)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は小反発、J-Stock Indexは続落となった。値上がり銘柄数は287(スタンダード274、グロース13)、値下り銘柄数は310(スタンダード290、グロース20)、変わらずは53(スタンダード50、グロース3)。 本日のJASDAQ市場は、米国市場が上昇したことで投資家のリスクセンチメントが改善しJASDAQ平均は上昇してスタートした。寄り付き後は、時価総額上位の出前館<2484>やハーモニック<6324>が乱高下したことで、JASDAQ平均は前日終値を挟む方向感の無い値動きでの展開となった。しかし、後場に入り、時価総額上位のセリア<2782>やユニバーサルエンターテインメント<6425>が堅調に推移したことが相場を押し上げ、JASDAQ平均は小反発で取引を終了した。なお、直近IPO銘柄の下落が目立ち値下がり上位となった。 個別では、21年1月期第3四半期業績で営業利益を前年同期比40.2%増の3.27億円と発表したピープル<7865>は4%を超える上昇となた。また20年11月30日に保険金1000万円が入金されたと発表したテラ<2191>は好材料に反応する形でストップ高となった。そのほか、ヒーハイスト<6433>、菊水電子工業<6912>、IMV<7760>が高い。 一方、直近IPO銘柄を売る流れが強まり、ジオコード<7357>が9%を超える下落となった。また、子会社の200億円の借り入れ金の連帯保証を行うとウエストHD<1407>は有利子負債の増加を嫌気し1%を超える下落となった。そのほか、MITホールディングス<4016>、アースインフィニティ<7692>、オーネックス<5987>が安い。 JASDAQ-TOP20では、田中化学研究所<4080>、ユニバーサルエンターテインメント、夢真HD<2362>が上昇となった。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:12/4(金) 17:27

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング