IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京為替:日経平均反落もドル売りは限定的

12/2 10:28 配信

フィスコ

2日午前の東京市場で、ドル・円は104円30銭台で推移。日経平均は反落したが、株安を警戒したドル売り・円買いは増えていないようだ。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。国内におけるウイルス感染拡大が警戒されているが、経済規制がただちに強化されるとの見方は増えていない。外部環境が悪化しない場合、リスク回避的な円買いは縮小するとの見方も出ている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円23銭から104円39銭、ユーロ・ドルは、1.2067ドルから1.2074ドル、ユーロ・円は、125円78銭から125円95銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米国経済の本格的な再開への期待で長期金利は高止まりの可能性
・米国の政治不安

・NY原油先物(時間外取引):高値44.39ドル 安値44.03ドル 直近値44.14ドル

《MK》

フィスコ

最終更新:12/2(水) 10:28

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング