IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は13円高と小幅続伸、上下動を繰り返し方向感に欠ける展開=2日後場

12/2 15:31 配信

モーニングスター

現在値
浜ゴム1,676+19
TOYOタ1,645+44
ブリヂスト3,919-32
フジクラ490+4
住友電工1,464+35

 2日後場の日経平均株価は前日比13円44銭高の2万6800円98銭と小幅続伸。上下動を繰り返し方向感に欠ける展開となった。朝方は、買いが先行した。新型コロナワクチン実用化への期待は根強く、1日の欧米株式が上昇した流れを受け、寄り付き直後に2万6889円90銭(前日比102円36銭高)まで上昇した。利益確定売りに下げに転じた後、プラス圏に持ち直す場面もあったが、時間外取引の米ダウ先物安が重しとなり、再度軟化。先物売りを交えて一時2万6695円28銭(同92円26銭安)まで値を下げた。一巡後は持ち直し、後場入り後にプラス圏に引き戻したが、再度弱含む場面もあり、大引けにかけては前日終値近辺で推移した。

 東証1部の出来高は14億2881万株、売買代金は3兆726億円。騰落銘柄数は値上がり1158銘柄、値下がり934銘柄、変わらず85銘柄。

 市場からは「時間外の米株先物が下げている割には日本株はしっかりだ。新型コロナワクチンへの期待が強く、感染者が増えても大きな問題にならず、先高観を意識させる。目先は、過熱感以外に悪材料は見当たらないようだ」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、浜ゴム <5101> 、TOYO <5105> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株が上昇。フジクラ <5803> 、住友電工 <5802> などの非鉄金属株や、郵船 <9101> 、川崎汽 <9107> 、商船三井 <9104> などの海運株も高い。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も買われた。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維製品株も堅調。

 半面、エムスリー <2413> 、リクルートH <6098> などのサービス株が軟調。国際帝石 <1605> などの鉱業株もさえない。任天堂 <7974> 、バンナムHD <7832> などのその他製品株や、KDDI <9433> 、ネクソン <3659> などの情報通信株も安い。大王紙 <3880> 、レンゴー <3941> などのパルプ紙株も値を下げた。

 個別では、ショーケース <3909> がストップ高となり、ダイヤHD <6699> 、オーケストラ <6533> 、グロバル社 <3271> 、東京綱 <5981> などの上げが目立った。半面、中広 <2139> 、インソース <6200> 、グリムス <3150> 、トラシティ <9310> 、神戸物産 <3038> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、25業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:12/2(水) 15:31

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング