IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイデン次期米大統領、イエレン氏ら経済チーム第一陣を発表

12/1 2:32 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): バイデン次期米大統領は11月30日、経済チームの顔ぶれ第一陣を発表した。財務長官にジャネット・イエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長、行政管理予算局(OMB)局長に民主党政策スタッフを長年務めるニーラ・タンデン氏、大統領経済諮問委員会(CEA)委員長にプリンストン大学公共政策・国際関係大学院長のセシリア・ラウズ氏をそれぞれ指名すると正式に表明した。

バイデン氏はブラックロックの元シニアアドバイザー、アデワレ・アデエモ氏を財務副長官に指名する意向も発表。アデエモ氏はナイジェリア出身の弁護士で、オバマ財団のプレジデントを務める。

また事情に詳しい複数の関係者によると、バイデン氏は国家経済会議(NEC)委員長にブラックロック幹部のブライアン・ディーズ氏の起用を決めた。同氏はオバマ前政権で気候・保護・エネルギー問題の上級顧問を務めた。NEC委員長指名は上院の承認を必要としない。

バイデン氏は声明で、「ウイルスの制御に着手するのに当たり、現在の経済危機において米国民に経済的支援を直ちに与え、米経済をかつてない良好な状態に立て直すのはまさにこのチームだ」と強調した。

イエレン、タンデン、ラウズ3氏の指名が上院で承認された場合、経済チームの主要3ポストを初めて女性が占めることになる。ただ、タンデン氏の指名承認は難航しそうであることが既に明らかになっている。正式な指名発表前の29日に、上院共和党スタッフらが承認反対を表明した。

インド系米国人のタンデン氏は現在、リベラル系シンクタンク、アメリカ進歩センター(CAP)の所長。オバマ前政権の医療保険制度改革に携わり、ヒラリー・クリントン元国務長官の主要顧問の1人だった。

イエレン氏はこの日、「アメリカンドリームを取り戻さなくてはならない」とのコメントをツイッターで発表。「財務長官として、私は全ての人のアメリカンドリーム復活に向け日々努力するつもりだ」と抱負を語った。

イエレン氏の財務長官指名は民主、共和両党から高く評価されている。下院金融委員会のパトリック・マクヘンリー共和党筆頭理事は声明で、イエレン氏は金融危機の際に「知性と洞察力、独立性」を示したと称賛した。

一方、ラウズ氏以外のCEAメンバーには、オバマ前政権でバイデン氏の首席経済顧問を務めたジャレッド・バーンスタイン氏と、非営利シンクタンクのワシントン・センター・フォー・エクイタブル・グロースで所長を務めるヘザー・ブシェイ氏の指名が発表された。

原題:Biden Fills Yellen-Led Economy Team, Risks Clash on Budget Chief、Biden Picks BlackRock’s Deese to Lead National Economic Council(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:12/1(火) 6:47

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング