IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州外国為替市場概況・20時 ドル円、荒い値動き

11/30 20:09 配信

トレーダーズ・ウェブ

 30日の欧州外国為替市場でドル円は荒い値動き。20時時点では104.01円と17時時点(104.03円)と比べて2銭程度のドル安水準だった。欧州勢の本格参入後から強まった買いの流れに沿って、一時104.35円まで本日高値を更新した。もっとも、市場では「一目均衡表基準線の104.43円が目先の上値目処として意識されている」との指摘もあり、その後は103.90円台まで失速。月末絡みのフローも意識されるなか、やや荒い値動きとなった。

 ユーロドルは底堅い。20時時点では1.1984ドルと17時時点(1.1974ドル)と比べて0.0010ドル程度のユーロ高水準だった。1.19ドル台後半での神経質な値動きとなったが、徐々に下値を切り上げる展開となり、一時は1.1987ドルまで上昇。なお、ラガルドECB総裁は「金利はかなりの期間に渡って低い水準を維持する」「債務はある段階では安定させる必要があるが、今ではない」などの見解を示したが、相場への影響は限られているようだ。

 ユーロ円は20時時点で124.65円と17時時点(124.56円)と比べて9銭程度のユーロ高水準だった。欧州勢の参入後には全般円売りが進んだ影響から124.97円まで上昇したものの、節目の125.00円手前では買いも一服。一巡後は124円台半ばまで押し戻された。


本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.83円 - 104.35円
ユーロドル:1.1956ドル - 1.1987ドル
ユーロ円:124.31円 - 124.97円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:11/30(月) 20:09

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング