IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目銘柄ダイジェスト(前場):セラク、タカショー、アゼアスなど

11/27 12:15 配信

フィスコ

現在値
セラク1,829-182
菱洋エレ3,540-35
タカショー879+3
アゼアス792+4
東京ドーム1,292-6

セラク<6199>:2381円(+267円)
大幅続伸。東海東京証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を2800円としている。採用力や教育力の強さに加えて、近年では、経験を積んだ IT技術者のDXシフト・高付加価値化という戦略を強化中しており、今後も収益は拡大傾向が続くとみているようだ。21年8月期営業利益は会社計画13.7億円を上回る15.5億円を予想、来期、再来期も2ケタの利益成長を見込んでいるもよう。


菱洋エレク<8068>:2857円(-153円)
大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は8.4億円で前年同期比48.9%減となっている。また、通期予想は従来の17億円から13億円、前期比39.7%減に下方修正している。新型コロナの影響が想定以上に響いているほか、資本政策の見直しに関する費用の計上なども織り込んだようだ。上半期実績は前年同期比30.2%減益であり、一段の減益率拡大がネガティブに捉えられる形へ。


タカショー<7590>:809円(-84円)
大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は11.2億円で前年同期比96.5%増益、通期計画の10.1億円、前期比90.0%増を超過する形になっている。国内外でのガーデニング需要の高まりが好業績の背景に。ただ、上半期実績は8.2億円で前年同期比2.1倍となっていたため好業績は織り込み済み、直近では期待感が高まっていたこともあり、短期的な出尽くし感が先行する状況になっているようだ。


アゼアス<3161>:833円(+69円)
大幅反発。前日に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益は従来の1.2億円から2.4億円に、通期では2億円から4億円に上方修正している。新型ウイルスの世界的な感染拡大を背景に、防護服・環境資機材事業の売上高が想定を上回って推移しているほか、営業関連経費も減少のようだ。業績上振れは織り込み済みとみられるが、下期の増額も含めて修正幅の大きさが、あらためて買い材料視される流れになっている。


東京ドーム<9681>:1047円( - )
買い気配。三井不動産がTOBを実施する方針を固めたと報じられている。早ければ年内にも開始し、子会社化を目指すようだ。同社では都心に広大な不動産を持っており、不動産開発などでの連携を目指していく。前日終値をベースとすると同社の時価総額は859億円であるが、三井不動産は価格を上乗せし、買い付け総額は1000億円超となる見通しとされている。買収プレミアムを期待した動きが先行する展開に。


クリーマ<4017>:5100円
公開価格(3570円)の1.4倍となる4850円で初値を付けた。会社設立は09年3月3日。主力事業はハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営など。21年2月期の営業利益予想は前期比233.9%増の1.62億円。巣ごもり消費などでマーケットプレイスサービスが伸長していることに加え、プラットフォームサービスも好調なことから大幅な増益となる見込み。第2四半期累計の実績は2.48億円で、既に通期予想を上回っている。


ジオコード<7357>:3030円
公開価格(1250円)の2.4倍となる3025円で初値を付けた。26日に上場したが、取引が成立していなかった。Webマーケティング事業やクラウド事業を展開する。21年2月期の営業利益予想は前期比25.0%増の1.91億円。Web広告やWebサイト制作が順調に伸びることに加え、営業支援ツール「ネクストSFA」がオウンドメディアの強化で獲得案件が増加すると見込む。第2四半期累計の実績は0.55億円だった。


MITHD<4016>:3110円( - )
公開価格(690円)の5.2倍となる3590円で初値を付けた。25日に上場したが、取引が成立していなかった。開発や運用保守などのシステムインテグレーションサービス、デジタルブックやCAD、顔認証などのソリューションサービスを手掛ける。20年11月期の営業利益予想は前期比10.1%増の1.32億円。ソリューションサービスでDynaCAD製品などが伸びる見通し。第3四半期累計の実績は0.77億円で、進捗率は58.3%となっている。《ST》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:11/27(金) 12:35

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング