IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は638円高と4日ぶり大幅反発、バブル後高値更新、TOPIXは2年1カ月ぶり高値=24日後場

11/24 15:36 配信

モーニングスター

現在値
野村HLD590.4+0.30
大和証G513.5-4.30
SBIHD2,721-15
HOYA13,950+30
オリンパス1,992-39.50

 24日後場の日経平均株価は前週末比638円22銭高の2万6165円59銭と4営業日ぶりに大幅反発。バブル崩壊後の高値を更新し、1991年5月10日(終値2万6274円29銭)以来29年半ぶりの高値水準となる。一方、TOPIX(東証株価指数)は同35.01ポイント高の1762.40ポイントと1月20日の年初来高値(終値1744.16ポイント)を更新し、2018年10月10日(同1763.86ポイント)以来2年1カ月ぶりの高値水準となる。

 朝方は、新型コロナワクチン期待を背景に23日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。円安・ドル高や、時間外取引の米株価指数先物高も追い風となり、日経平均株価は上げ幅を拡大し、後場序盤には2万6261円78銭(前週末比734円41銭高)まで上伸した。その後は、利益確定売りに抑えられ、上値が重くなったが、買い気も根強く、大引けにかけては底堅く推移した。

 東証1部の出来高は13億9869万株、売買代金は2兆9478億円。騰落銘柄数は値上がり1639銘柄、値下がり466銘柄、変わらず73銘柄。

 市場からは「海外の好材料と国内の需給要因が合わさり、さらに上へと進みそうだ。感染拡大や経済活動抑制の動きよりも好需給が優っている。循環物色が続き、なかなかゴールが見えない」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、野村 <8604> 、大和証G <8601> 、SBI <8473> などの証券商品先物株が上昇。HOYA <7741> 、オリンパス <7733> 、テルモ <4543> などの精密株も高い。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も堅調。住友不 <8830> 、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株や、オリックス <8591> 、クレセゾン <8253> などのその他金融株も買われた。

 半面、日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> 、ホクト <1379> などの水産農林株がさえない。

 個別では、日金属 <5491> 、ケネディクス <4321> (監理)がストップ高となり、キャリアL <6070> も一時ストップ高。古河電池 <6937> 、正興電機 <6653> 、モリテック <5986> などの上げも目立った。半面、中広 <2139> 、手間いらず <2477> 、じもとHD <7161> 、シキボウ <3109> 、ハローズ <2742> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:11/24(火) 15:36

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング