IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米財務長官がペロシ氏批判、経済対策の遅れで-非難合戦激化

10/30 5:44 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ムニューシン米財務長官は29日、ペロシ下院議長が経済対策で妥協を拒否しているとして、政治的なスタンドプレーを批判した。経済対策の協議の遅れで非難合戦がエスカレートしている。  ペロシ議長は同日午前のムニューシン長官宛ての書簡で、民主党が政権からの回答を待っている主要7項目を列挙したが、同長官はこれに対する回答で「イエスかノーかというあなたのアプローチがいま支援を必要としている勤勉な米国民に打撃を与えている」と責め立てた。

ムニューシン氏は、政権としてはすでに、全米規模での新型コロナウイルス検査に関するペロシ氏の要求には答えたと説明。州や地方自治体への支援など残りの項目で、ペロシ氏が「妥協を拒んでいた」と批判した。

ペロシ氏はこの日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、ホワイトハウスから回答があっても「全てがわれわれの思い通りになるとは思っていない」と述べていた。

焦点は選挙後に

一方、トランプ大統領は、選挙前の時間稼ぎをしているのはペロシ氏だとの批判を繰り返した。クドロー国家経済会議(NEC)委員長はFOXニュースで「主要問題で下院議長に妥協の意志はないとわれわれのチームは判断している」と語った。

トランプ米大統領、選挙後に素晴らしい包括的経済対策実現させる

ペロシ氏は、11月3日の選挙後、来年1月に新議会が発足する前に経済対策でトランプ政権と妥結することは可能だとの見方を示した。

ブルームバーグテレビジョンのインタビューで同氏は、いわゆるレームダック議会の下で経済対策の合意が可能かと問われると「そう思う」と回答。「選挙前に少なくとも合意できることを望んでいたが、彼らが応じることはなかった」と述べた。

原題:Mnuchin Faults Pelosi Over Stimulus as Blame Game Heats Up (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:10/30(金) 8:01

Bloomberg

投資信託ランキング