IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州マーケットダイジェスト・29日 株安・ユーロ安・ドル高

10/30 3:25 配信

トレーダーズ・ウェブ

(29日終値:30日3時時点)
ドル・円相場:1ドル=104.70円(29日15時時点比△0.31円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=122.06円(▲0.65円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1658ドル(▲0.0096ドル)
FTSE100種総合株価指数:5581.75(前営業日比▲1.05)
ドイツ株式指数(DAX):11598.07(△37.56)
10年物英国債利回り:0.221%(△0.008%)
10年物独国債利回り:▲0.636%(▲0.011%)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な欧州経済指標)        <発表値>   <前回発表値>
10月独雇用統計
失業率                 6.2%      6.3%
失業者数変化            ▲3万5000人   ▲1万人・改
欧州中央銀行(ECB)、政策金利    0.00%に据え置き  0.00%
10月独消費者物価指数(CPI)速報値
前月比                 0.1%     ▲0.2%

※改は改定値を表す。▲はマイナス

(各市場の動き)
・ユーロドルは軟調。欧州で新型コロナウイルス感染が再拡大し、ユーロ圏各国が相次いで行動規制の強化に動いていることから域内景気の先行きを懸念したユーロ売りが先行。欧州中央銀行(ECB)の金融政策公表を控えて思惑的なユーロ売りも出た。
 ECBはこの日開いた定例理事会で金融緩和政策の現状維持を決定。ラガルド総裁は理事会後の記者会見で「回復の勢いは予想よりも早く失速」「短期的な見通しは明らかに悪化」と述べたほか、「12月の理事会ではあらゆる手段を検討」「12月に行動するということにほぼ疑いはない」と語り、次回会合での追加緩和を強く示唆した。この会見を受けてユーロを売る動きが加速すると、一時1.1650ドルと9月28日以来約1カ月ぶりの安値を付けた。市場では「月末を控えたロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだドル買いのフローが入った」との指摘もあった。

・ドル円は底堅い動き。欧州株や時間外のダウ先物の下落を受けてリスク回避目的の円買い・ドル売りが先行。19時30分過ぎに一時104.03円と9月21日以来の安値を付けた。ただ、同日の安値104.00円がサポートとして意識されると買い戻しが優勢に。7-9月期米国内総生産(GDP)速報値が前期比年率33.1%増と予想の31.0%増を上回り、統計を開始した1947年以来最大の伸びを記録したこともドル買いを誘った。市場では「104.00円付近には本邦長期資金の買いやオプション絡みの買いが観測されている」「104.00円の下抜けに失敗したことでショートカバーが優勢となった」との声が聞かれた。
 ラガルドECB総裁の会見後に対ユーロ中心にドル高が進むと円に対してもドル買いが活発化した。米10年債利回りが上昇に転じたことも相場の支援材料となり、アジア時間の高値104.50円を上抜けて一時104.73円まで上値を伸ばした。

・ユーロ円は弱含み。ECBによる追加緩和観測を背景にユーロ売りが優勢となり、23時前に一時121.90円と7月16日以来約3カ月半ぶりの安値を付けた。ただ、売り一巡後は122.00円を挟んだもみ合いに終始した。

・トルコリラは連日で史上最安値を更新した。共和国宣言記念日の祝日でトルコ市場が休場となる中、対ドルでは一時8.3285リラ、対円では12.49円まで下落した。トルコ中銀が先週、市場の予想に反して利上げを見送ったことが引き続きリラ売り材料と見なされたほか、同国と欧米との政治的な関係悪化が嫌気された。アルバイラク財務相が今週、「競争力のある為替レートがトルコ輸出を拡大させる」と発言し、「リラ安を容認している」と受け止められたこともリラの重し。

・ロンドン株式相場は小幅ながら4日続落し4月3日以来約7カ月ぶりの安値で取引を終えた。新型コロナの感染拡大が収まらず、追加の経済活動の制限措置が実施されるとの警戒から株式への売りが広がった。ジョンソン英首相には新たなロックダウン(都市封鎖)導入への圧力がかかっている。ただ、米国株が上昇すると英株にも買いが波及したため引けにかけては下げ渋った。

・フランクフルト株式相場は4日ぶりに小反発。ラガルドECB総裁が12月の会合での追加緩和を強く示唆すると買い戻しが入った。前日に約5カ月ぶりの安値を付けたあとだけに短期的な戻りを期待した買いも入ったようだ。個別ではドイチェ・ボーネン(3.58%高)やデリバリー・ヒーロー(3.01%高)、ドイツ・テレコム(2.50%高)などの上昇が目立った。

・欧州債券相場は英国債が下落した一方、独国債が上昇した。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/30(金) 3:25

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング