IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロドル、弱含み

10/30 2:04 配信

トレーダーズ・ウェブ

 29日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは弱含み。2時時点では1.1660ドルと24時時点(1.1684ドル)と比べて0.0024ドル程度のユーロ安水準だった。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁による「12月追加緩和の示唆」を受けたユーロ売りの流れが継続。1時前には9月28日以来の安値となる1.1655ドルまで下値を広げた。ポンドドルなどと共に月末のロンドンフィキシング(東京1時)に絡んだドル買いが出ていたとの声も聞かれた。
 ポンドドルは1.29ドルを割り込み1.2881ドルまで下げ足を速め、約2週間ぶりの安値を更新した。もっとも売り一巡後には1.2910ドル台まで持ち直している。
 なお、新型コロナウイルス感染の再拡大が止まらない欧州では、イタリアの1日あたりの新規感染者数が2万6831人と過去最多を更新。英国も1日あたり2万3000人台の感染と高止まりしている。

 ドル円は強含み。2時時点では104.65円と24時時点(104.45円)と比べて20銭程度のドル高水準だった。米長期金利の上昇に下支えられ、また対欧州通貨を中心としたドル高の流れにも沿った。ユーロドルが安値をつけたタイミングで104.71円まで買われて日通し高値を更新した。

 ユーロ円はもみ合い。2時時点では122.03円と24時時点(122.04円)と比べて1銭程度のユーロ安水準。ユーロドルとドル円との綱引き状態となり、小幅な上下に留まった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:104.03円 - 104.71円
ユーロドル:1.1655ドル - 1.1759ドル
ユーロ円:121.90円 - 122.88円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/30(金) 2:04

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング