IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク回避的なユーロ売り・円買いがただちに縮小する可能性は低い見通し

10/29 8:38 配信

フィスコ

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏諸国におけるウイルス感染の再拡大によって、経済活動や一般市民の行動は一段と制限される。10-12月期のユーロ圏の経済成長率は前期比マイナスとなる可能性が高まっており、リスク回避的なユーロ売り・円買いがただちに縮小する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・英国は通商合意なきEU離脱を選択する可能性
・ウイルス感染の再拡大
・フランス、ドイツで経済規制強化

【ユーロ買い要因】
・米国金利の先高観は一段と後退
・欧州復興基金への期待、ECBによる経済支援的な金融政策
・ウイルスのワクチン開発進展


《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:10/29(木) 8:42

フィスコ

投資信託ランキング