IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.9   日ガス、東リ、ダイショー、マツダ

10/28 11:36 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
日ガス5,340---
東リ250---
ダイショー1,281---
マツダ634---

★11:02  日本瓦斯-野村が目標株価引き上げ LPG顧客純増数を引上げ
 日本瓦斯<8174>が続伸。野村証券では、LPG顧客純増数を引上げ。投資評価は「Buy」を継続、目標株価は5810円から6230円に引き上げた。

 21.3期上期の営業利益は前年同期比横ばい圏の32億円と推定。家庭用LPG及び都市ガスの増販、電気増販が、新型コロナに伴う非家庭用ガスの減販、販管費の増加で相殺されたとみている。LPG原料価格の下落は競争によるLPG料金下落などで相殺されたと見なしたという。上記32億円は会社計画29億円を10%程度上回り、その主因は非家庭用LPG及び都市ガス販売量が会社計画ほど減少しなかったためと指摘。他方、21.3期通期の営業利益予想は会社計画と同値の125億円に据え置いた。需要期である冬場の暖冬リスク、LPG原料価格の上昇リスクを慎重に考えた。

★11:06  東リ-急落 今期営業益予想を下方修正 オフィス向け内装材など低調
 東リ<7971>が急落。同社は28日11時、21.3期通期の連結営業利益予想を従来の19億円から10億円(前期比58%減)に下方修正すると発表した。緊急事態宣言の解除後においても、オフィスや商業施設向けの内装材需要が低調だった。物流コストの上昇や工場稼働率の低下も重荷となった。

★11:13  ダイショー-急伸 今期営業益予想を上方修正 内食シフトで調味料が伸長
 ダイショー<2816>が急伸。同社は28日11時、21.3期通期の連結営業利益予想を従来の7.5億円から8.5億円(前期比53.2%増)に上方修正すると発表した。主力製品の集中販売と新製品の投入といった営業戦略を継続する中で、コロナ禍における内食シフトによって、小売用調味料が伸長したことが寄与する。

★11:16  マツダ-大幅安 政府与党 ディーゼル車の減税縮小検討との報道を懸念
 マツダ<7261>が大幅安。28日付の日本経済新聞朝刊は、政府・与党が2021年度の税制改正でエコカー減税を見直し、クリーンディーゼル車への税優遇の縮小を検討すると報じた。

 記事によれば、購入や車検の際にかかる自動車重量税は現在、免税(100%減税)となっているが、減税幅を小さくする案が出ているもよう。より環境への負荷が低い電気自動車(EV)などの電動車を優遇するよう制度を改めるとしている。

 同社は、SKYACTIV-Dなどクリーンディーゼル技術に強みをもっており、税優遇縮小を懸念した売りが出ている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/28(水) 11:36

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング