IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前日に動いた銘柄 part2 野村マイクロ、ツインバード、ディーエムソリューションズなど

10/28 7:32 配信

フィスコ

現在値
富士電3,460-250
スルガ銀343+6
タムラ製539+4
三井E&S352+11
HIS1,624+14

銘柄名<コード>27日終値⇒前日比
富士電機<6504> 3255 -165
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。

スルガ銀行<8358> 351 -15
ネットワンの急落が過去の不祥事銘柄に影響も。

タムラ製作所<6768> 523 -19
特段材料もなくテクニカル要因で。

三井E&Sホールディングス<7003> 374 -14
信用買い方の手仕舞い売りなども。

エイチ・アイ・エス<9603> 1592 -64
第三者割当先のファンドが売却。

TOYO TIRE<5105> 1652 -62
米経済対策早期成立への期待感後退で。

IHI<7013> 1339 -54
米国株安で景気敏感株には売りが先行。

日本電産<6594> 10455 -195
好決算発表で通期上方修正もサプライズは限定的。

エムスリー<2413> 6970 +270
マザーズ切り返しなどでリバウンド狙いの動き波及も。

野村マイクロ<6254> 2380+400
業績・配当予想を大幅に上方修正。

ツインバード<6897> 865+150
米社からのフリーザーボックスの受注を引き続き材料視。

セキド<9878> 918 +68
第2四半期催事売上の好調を材料視。

Abalance<3856> 1788 +177
26日大きく下げた反動で自律反発。

アマテイ<5952> 166 +3
特に材料ないが短期資金マインド改善でリバウンド狙いか。

グリムス<3150> 1753 -135
業績上方修正発表も期待値下回る。

極東産機<6233> 466 +21
20年9月期予想を上方修正、営業利益は0.61億円から1.20億円に引き上げ。

イナリサーチ<2176> 731 +30
上期の営業損益を従来予想の0.91億円の赤字から0.90億円の黒字に上方修正。

ディーエムソリューションズ<6549> 2849+500
21年3月期予想を上方修正、営業利益は2.00億円から4.45億円に引き上げ。

ジーニー<6562> 874 +30
ビジネスサーチテクノロジを子会社化へ。

ビジョナリーホールディングス<9263> 339 +21
第1四半期の営業損益は1.60億円の黒字(前年同期は0.99億円の赤字)と発表。

壽屋<7809> 1980 +124
同社など鬼滅の刃関連に再度物色向かう。

アンジェス<4563> 1137 -35
第3四半期決算を受けて売り先行も切り返す場面も。

弁護士ドットコム<6027> 13960 +970
上期決算を受けてアク抜け感台頭か。

不二硝子<5212> 1773 +238
引き続き短期資金の関心向かう。

カラダノート<4014> - -
27日マザーズ市場へ新規上場、公開価格は450円。前場段階で初値形成に至らず。

《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:10/28(水) 7:43

フィスコ

投資信託ランキング